脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

肘の黒ずみ改善にはオリーブオイルも使える?

Fotolia_83405445_Subscription_Monthly_M

肘など体の中で突き出た部分は、どうしても黒ずみが気になってしまう部分でもあります。

その黒ずみを解決するために、オリーブオイルを使う方法があります。

摩擦などの刺激により肘の角質は固くなってしまい、色素沈着を起こして黒ずんでしまいます。

こうした刺激から肌を守ってくれる効果が期待できるのがオリーブオイルです。

オリーブオイルで乾燥を防いで肘黒ずみをケア
肘の黒ずみや角質の変化は刺激によって起きやすくなるものですが、その刺激には乾燥も含まれます。

特に、摩擦などでこすれてしまうと乾燥しやすくなり、肘は皮膚の薄い部分なので潤いを保ちにくいという面もあります。

保湿効果の高いオリーブオイルは、乾燥しやすい肘に使えばしっとりとした肌に導いてくれます。

オリーブオイルを使うメリットとデメリット

保湿効果が高いオリーブオイルには、肘の黒ずみを抑えたり防いだりするの役立ちます。

しかし、一方で使い方によっては肌のトラブルを招いてしまう可能性がありますから、その両面を理解しておきましょう。

オリーブオイルのメリット

肘の黒ずみにオリーブオイルを用いると、以下のような効果があると言われています。

・高い保湿効果
オリーブオイルは保湿オイルとして使用すれば肌を優しくコーティングし、潤いが逃げるのを防いでくれます。

本来皮脂がバリアとなって肌を守っているところを、オリーブオイルがその役割を担ってくれる仕組みです。

・抗酸化作用
オリーブオイルに含まれるポリフェノールは、強い抗酸化作用があることで知られています。

肘の黒ずみは、肌が酸化してしまうことで固くなったり、メラニン色素がたまって色素沈着を起こしたりするものですから、ポリフェノールが持つ抗酸化作用は黒ずみを改善する効果が期待できます。

また、ハリのある肌を保つ効果のあるビタミンEも豊富に含まれていますから、潤いのある肌へ道引いててくれるのです。

・自然由来だから低刺激
オリーブオイルは、天然のオリーブから抽出された油分です。

化学的な添加物を含んでいない自然由来のものですから、肌に余計な刺激を与えずに安全に使えます。化学成分での肌荒れや刺激が気になる方には特におすすめです。

オリーブオイルのデメリット

imasia_9024262_M上記のように肌にいろいろなメリットをもたらしてくれるオリーブオイルですが、気を付けておきたい点もあります。

オリーブオイルは、主にオレイン酸と呼ばれる不飽和脂肪酸を主成分としています。

このオレイン酸は、皮脂が不足していて乾燥状態にある肌には、皮脂バリアと同じような働きをするため、高い保湿効果を発揮します。

しかし、これを過剰に塗りすぎてしまうと、余ってしまったオレイン酸が逆に肌の酸化を促してしまうのです。

不飽和脂肪酸は何かの物質とすぐに結びつく状態なので、肌が必要な量を超えて余ってしまうと肌の活性酸素と結びつき、酸化してしまいます。

乾燥や黒ずみがひどいときのお助けに

基本的に弱った肌には高い効果を発揮するオリーブオイルですが、使い過ぎてしまったり正常な状態のときに使ったりしてしまうと、上記のようなデメリットがあります。

オリーブオイルはあくまで、乾燥や黒ずみがひどい場合に助けてくれるものとして使った方がよいと言えるでしょう。

盲信的にならずいろいろな面を理解する
スキンケアなど美容に関することは何でもそうですが、「これがよい」というものに対して盲信的になってそれを使うことしか考えなくなると、その方法が持つ欠点が見えずに逆にトラブルを引き起こしてしまうことになりかねません。

オリーブオイルに関しても同様で、肘の黒ずみによいからといってたくさん使ってしまっては逆効果になってしまうのです。

スキンケアを考えるとき、メリットだけではなくデメリットも合わせて考えると、思わぬトラブルを回避することにつながります。

その方法が持ついろいろな面を理解してから実践することが大切なのです。

手軽でデメリットの少ない黒ずみケアクリーム

オリーブオイルのように、高い効果が期待できるものの使い方には注意が必要なものはスキンケアにおいてはたくさんあります。それは肘の黒ずみケアでも同様です。

そこで、黒ずみケア専用のケアクリームを使うことも効果的です。黒ずみを改善するために作られたものですからデメリットも少なく、手軽に毎日ケアすることができます。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因