脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

肘の黒ずみの原因となるカサカサ肌のケア方法は?

Close-up mid section of a young woman with elbow pain over white background

体の部分の中では、肘は膝と同じように黒ずみや乾燥が起きやすいところです。

夏のエアコンや冬場の乾燥などによって、肌が黒ずんだりすることもあります。

このような時の対策ケアの基本は、しっかりと保湿をすること、また固くなってしまった角質を除去して肌のターンオーバーを促進させることです。

では、その具体的な方法について見てみましょう。

肘は摩擦が多く皮脂が少ない
肘は特に摩擦が多い部分であり、テーブルや机に肘をつけたり、床などで肘枕をしたりなどといった動作で多くのダメージを受けています。

また、着る衣類の素材によっても摩擦がよく起こる場合があります。こうしたダメージで肌に防御反応が働き、角質が固くなってしまったり黒ずみが起きてしまったりします。

そして肘は皮脂分泌が他の場所に比べて少ない部分でもあります。肌の潤いを保つ皮脂の機能が働きにくいため、カサカサの乾燥状態になりやすいのです。

黒ずみや乾燥を解消する方法

出来てしまった黒ずみは簡単に戻すことは難しいですが、適切なケアを行うことによって少しずつ良い状態へ改善することができます。

肘の黒ずみ・カサカサ乾燥の解消ケア

厄介な肘の黒ずみや乾燥を解消するケア方法は、基本的に摩擦を避けることと角質を優しく除去することが柱になります。

・摩擦が起きやすい癖を直す
例えば、テーブルや机に肘をついて作業したり、また頬杖をよくついたり肘枕をしたりする癖のある方は、できるだけその癖を避けるようにしましょう。

肘が摩擦の衝撃を受け、その部分を守ろうとして角質が固くなってしまい、カサカサの状態を引き起こしてしまいます。さらにその影響で色素沈着が起きてしまい、黒ずみの原因となります。

普段の生活から肘に摩擦を起こさないように心がけていることで、黒ずみや乾燥がひどくなるのを防ぐことができます。

・お風呂などでマッサージやスクラブ洗浄
固くなってしまった角質を除去するには、まず角質を柔らかくして取れやすくすることが大切です。

お風呂などで優しく肘をマッサージしたり、スクラブ入りの石けんなどで力を入れずに洗ったりなどが効果的です。これによって、固くなった角質を少しずつ落としていくことができます。

・しっかり保湿
上記のようにお風呂でケアした後や寝る前など、保湿ケアをしっかり行うのがコツです。

化粧水などで水分を補給した後、保湿クリームなどを塗って与えた潤いが逃げないようにします。順番としては、角質ケアから保湿ケアをしっかり行うようなイメージです。

肘は皮脂が出にくく乾燥しやすいですし、角質ケアの後も水分が逃げやすくなっていますから、保湿をきちんとして潤いを保つようにしましょう。

無理に取ろうとするのはNG

af9920057027l角質を早く取ってしまいたいからといって、スクラブ石鹸でゴシゴシとこすったり、また軽石などで強い刺激を与えてしまったりするのは避けるべきです。

このように無理やり角質を削るように取ってしまうと、逆にさらに角質を固くさせてしまい、黒ずみや乾燥もひどくなってしまうのです。

また、単純に肌を傷つけてしまうことにもなり、肌の健康上にもあまり良い方法ではありません。じっくりと肌をいたわるようにケアをしていくことがポイントです。

解消ケアに黒ずみケアクリーム

これらのケア方法は、ときに面倒になってしまいがちでもあります。そんなときに便利なのは、黒ずみの解消ケア専用に作られた黒ずみケアクリームです。

これがあれば、できてしまった黒ずみを少しずつ白い肌に変えていく事ができますし、保湿成分もたっぷり含まれていますから、お風呂上がりや寝る前のケアにも使えます。

また、肌に潤いと弾力が与えられることで摩擦の影響を受けにくい肌にしてくれるため、肘の黒ずみやカサカサ状態を黒ずみケアクリーム1本で解消することもできるのです。

肘は摩擦を受けやすく乾燥しやすい
前述のように、肘はさまざまな場所での摩擦を受けやすい部分です。人の肌は摩擦を受け続けると、その部分を守るために角質を固くしてガードしようとします。

さらに、肌の内側ではメラニン色素がたくさん作り出され、それが色素沈着の原因となるのです。こうしてカサカサ・ごわごわになってしまった肌はターンオーバーのサイクルも乱れてしまい、なかなか元に戻らなくなってしまいます。

これが、肘の黒ずみや乾燥が起こるメカニズムです。これらの解消ケア方法は、最終的に肌のターンオーバーを促進させて健康な肌に導くためのものですから、時間はかかります。

適切な解消ケア方法を

肘のケアをはじめとしたスキンケアは、基本的に無理やりではなく肌の自然な治癒力を引き出すことが大切です。黒ずみや乾燥も、一朝一夕にはもとに戻るものではありません。

黒ずみケアクリームなどを使って少しずつ角質を柔らかくして取り除き、また保湿をしっかり行うことで黒ずみや乾燥は徐々に改善されていきます。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因