脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

膝の黒ずみの原因と解消法とは?

Fotolia_44214530_Subscription_Monthly_M

短めのスカートを穿いたり、鏡などで足全体を見た時に膝が黒いと感じることがあるかもしれません。

膝は意外と黒くなりやすい部位であるのご存じですか?

膝の黒ずみ防止するには、どうしたら良いのでしょうか?また、出来てしまった黒ずみはどのように解消したら良いのでしょうか?

この記事では、膝の黒ずみのケア方法について見てみたいと思います。

膝の黒ずみの原因は?
膝は比較的皮脂が少ない部分なので刺激を受けやすい部位です。それに加え、紫外線に当たったり膝を床についたりして、ダメージを受け角質が固くなり黒ずんでいきます。

膝をこすることで、色素沈着を起こして膝の黒ずみを作ってしまうのです。

膝の黒ずみの予防策とは?

肌が黒ずんで色素沈着を起こしてしまうと、すぐに改善するのは難しいので予防策がとても大切になります。その具体的な方法について見てみましょう。

生活習慣を見直す

膝は生活の中で意外と酷使されている部分です。床に膝をついて掃除をしたり、作業をしたり、また何かを落としてそれを探したり拾ったりする場合も、膝をつくことが多いでしょう。

また、イスに座ったときに足を組むクセがある人は要注意です。足を組んでいる時でも、膝はこすれ皮膚には負担がかかっているのです。何度も足を組みかえたりする動作も、膝の黒ずみの原因となります。

黒ずみを防止してきれいな膝になるには、まずはこのような習慣を改めなければなりません。

膝を使わないように、というのは無理ですができるだけ膝を床につかないように気を付けるだけでも違います。

足を組むクセは、骨盤のゆがみなどにもつながりますので、改善することをおすすめします。

きついジーンズなども膝に負担をかける要因となるので、毎日履くのは控えるようにしましょう。

紫外線対策も重要

膝が黒ずみやすいのは、皮脂が少なくダメージを受けやすいことも原因の一つです。

膝をきれいに保つためには、日常生活における習慣を改善することも必要ですが、紫外線対策も重要です。

顔には日焼け止めやファンデーションを塗ることが多いと思いますが、足は塗らないことも少なくないでしょう。

しかし、イスなどに座った時に膝に紫外線が当たることもありますし、歩いているだけでも膝は紫外線にさらされています。しっかり日焼け止めを塗るようにしましょう。

足にはスプレータイプの日焼け止めが便利です。

しっかり保湿をして予防を

膝は関節部分のため乾燥しやすいと言えます。乾燥は色素沈着の原因になりますので、それを防止するためにもマッサージや保湿ケアが大切です。

マッサージで足の血行をよくし、新陳代謝を高めることで黒ずみ防止になります。

膝の周りにはツボがあるので、そこを刺激するのもおすすめです。膝の周りからお皿までクルクルとマッサージをしましょう。

血行がよくなっているお風呂上りが効果的です。

また、美白成分が配合されたケアクリームを塗ることも黒ずみ防止になります。ケアクリームの中には黒ずみ防止用のクリームがありますので、対策としてはそういったクリームを選ぶようにしましょう。

日常の習慣が原因で膝の黒ずみを作りやすい人とは?
日常生活の中で膝は誰でもよく使うものですが、特に注意したい人がいます。

例えば膝に青アザを作りやすい人。アザは内出血ですので通常2週間ほどで治りますが、あまり同じ場所をぶつけていると皮膚が固くなり黒ずむ場合もあります。

できてしまった膝の黒ずみは?

膝が黒くなるのは、日常生活において膝を酷使していることが原因の一つです。

膝にダメージを与える行動は無意識のうちに行っていることが多く、それも繰り返していることが少なくありません。そのため、膝に対するダメージも大きいのです。

では、出来てしまった黒ずみはどのようにケアしたら良いのでしょうか?

手軽にできるセルフケアとして、黒ずみ専用のケアクリームの使用です。市販のケアクリームには美白、保湿の両方をできるものが多いです。

黒ずみは治療しない限りすぐに消えるものではありませんが、そうしたケア用品は黒ずみの解消を早めたり、予防ケアとしても役立つでしょう。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因
黒ずみケアランキング