脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

膝の黒ずみがひどい時の治し方とは?

効果的な黒ずみ対策は?

膝の黒ずみを改善するにはケアが必要です。美白ケアの方法として思いつくのは、エステや美容外科に行くなどでしょう。

しかし、エステや美容外科でのケアはお金も時間もかかります。それを考えると、自分でケアをする方が手軽です。

角質が厚く割れてしまうほどのひどい症状の場合は、医薬品がおすすめです。ピーリングやパック、マッサージをして新陳代謝を高めるケアが必要です。

黒ずみがひどくなるのはなぜ?
膝のケアを怠ることで黒ずみは悪化します。マッサージをする際も、ふくらはぎや太ももはしっかり行うのに膝は何となくクリームをつけるだけ、ということはありませんか?

膝は皮脂線が少ないため、乾燥しやすくダメージを受けやすい部位です。そのまま放っておくと色素沈着してしまうため、しっかりとケアをしましょう。

膝の黒ずみがひどい時の対策

念入りにケアをしない膝は、放置しておくとますます黒ずみがひどくなります。ひどくなる前にケアをすることが大切ですが、ひどくなってしまった時の治し方について紹介しましょう。

エステサロンでの施術方法

エステサロンでのひどい黒ずみの治し方として、一つにはピーリングがあります。古くて厚くなった角質を取り除くケアです。

市販されているものよりも、効果があるものですが、薬剤の配合や塗布時間などに注意しないと肌に刺激を与えてしまうため、エステでは肌質に合わせたピーリングケアを行います。

また、美白パックや保湿パックもあります。シートや石膏、クリームなど、その方法はサロンによってさまざまで、美白成分や保湿成分がたっぷり配合されているパックで肌にうるおいを与えてくれます。

また、美容外科などではレーザーによって黒ずみを改善する方法もあります。ひどい黒ずみの場合は、レーザーも効果的です。

エステサロンのデメリットは?

エステサロンに通えば、ひどい膝の黒ずみを早く改善することができる可能性が高いです。しかし、その分費用と時間がかかります。

さらに、衛生面やアフターケアなどがしっかりしていないエステサロンに行くと、かえって黒ずみを悪化させてしまうことがあるので、エステ選びは慎重に行うことが大切です。

膝のひび割れには医薬品で治す

Skin care膝のひび割れなどの症状を放置しておいたり、正しいケアをしなかったりすると色素沈着をして黒ずみになってしまうことがあります。

あまりにひどいひび割れなどは、軟膏などを使ってケアをするといいでしょう。

症状が改善したら、保湿クリームや美白クリームなどを使い、ケアをしましょう。

膝の黒ずみをセルフケアで治す方法

ケアクリームで保湿をすることは基本的なケアです。お風呂上りには毎日化粧水をつけ、クリームを塗って保湿をしましょう。

さらに、マッサージをして血行をよくすることも、肌の新陳代謝を高めることにつながります。週に2~3回は行うといいでしょう。

ピーリングやパックなどは、セルフケアでも行うことができます。市販されているピーリング剤は肌への刺激が少ないものなので、安心して使うことができるでしょう。

しかし、週に何度もピーリングを行うと、必要な角質まで取り除いてしまうので、週に1回程度にして、様子をみながら行いましょう。

ひどい黒ずみを改善するにはパックもおすすめです。パックをすることで肌の乾燥を改善し、新陳代謝を高めて肌細胞の生まれ変わりを促します。

黒ずみを悪化させないためには?
膝は皮脂線が少ない上に摩擦などの刺激を与えやすい場所です。そのため、ケアを怠ると膝の黒ずみができます。

黒ずみを放置しておくと、乾燥しやすくなったり、毛穴が目立ったり、角質が厚くなってしまうなどのトラブルが起こります。

膝の黒ずみを悪化させないためには気が向いたらのケアではなく、毎日のケアが必要なのです。

膝の黒ずみがひどくなった時のケア

膝の黒ずみがひどい時には、エステサロンや美容外科などでケアをしてもらうのが改善の近道の一つです。

しかし、効果は期待できるものの、費用もかかりますし通う面倒さもあります。自分でできるケアを覚えて、毎日ケアをすることで、黒ずみを改善しましょう。

セルフケアでピーリングや専用のケアクリームなどで対処することができます。

お風呂上りにマッサージをして血行をよくしながら併用すれば効果的です。膝の黒ずみをひどくしないためには、毎日ケアをしましょう。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因