脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

お尻の内側の黒ずみをキレイに解消する方法

お尻の内側の黒ずみを改善するには、保湿やピーリング、充分な睡眠が有効だといわれています。

また、ハイドロキノンが配合されているクリームを使うのも良いでしょう。

外部からの刺激が黒ずみの原因になることもあるため、クッションや座布団を使用したり、下着やタオルをシルクや麻にしたりすると黒ずみを予防できます。

また、体の内側から改善するにはビタミンが豊富な食材も有効だといわれています。重度の黒ずみは病院へ相談する方が良いかもしれません。

黒ずみの原因を元から絶つ
ハイドロキノンは、黒ずみの元となるメラニン色素を減少させる効果があるといわれています。

長時間座っている刺激でできたお尻の黒ずみには、ハイドロキノン配合のクリームが効果を期待できるでしょう。

また、メラニン色素を減少させるにはビタミンCやビタミンB2、ビタミンB6が含まれる食品を摂り、体の内側からケアするのも有効的です。

黒ずんでしまった肌を再生させるには、ピーリングで古い角質を取り除いたりお尻が乾燥しないようにクリームで保湿をしっかりしましょう。

お尻の黒ずみを解消するために

お尻の黒ずみはあきらめたりすることはありません。正しい解消法を覚えてケアすれば、黒ずみを改善することができます。

外部刺激からお尻を守る

お尻は外部から刺激を受け続けると、肌を刺激から守るためにメラニン色素を出します。解消するにはお尻への外部刺激を減らしてあげること。

長時間座っている習慣がある場合は、座布団やクッションを使用して摩擦を軽減したり、小まめに立ち上がりお尻が蒸れてしまうのを防いだりできます。

下着を肌触りの良いシルクや麻にして、通気性を良くするのも効果的だといわれています。タオルも柔らかく肌触りの良いものを使うようにしましょう。

また、お尻の内側の黒ずみが気になる場合は、トイレットペーパーにも気を配ってみても良いかもしれません。

体の内側から黒ずみをケア

根本的に黒ずみを解消するには、ビタミンを豊富に含む食品を摂ることで、体の内側からケアすることも必要です。

黒ずみの解消に有効的といわれているビタミンは、ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB6です。

それぞれメラニン色素を透明にする働きや、ターンオーバーを正常にする働き、皮脂の分泌量を抑える働きを持っています。

これらのビタミンは、ピーマンやアセロラ、レバーや納豆、さんま、にんにくやピスタチオに含まれていますので意識的に摂取しましょう。

ケア用品を利用する

黒ずみに有効なケア黒ずみにはしっかりしたスキンケアが効果的です。

特にお尻にとって乾燥は大敵。しっかりと保湿をしてお尻を乾燥から守りましょう。

厚くなってしまった角質層も保湿をすることで正常に戻り、古い細胞も生まれ変わることができるのです。

また、保湿クリームはハイドロキノンが配合されたものだとさらに効果的です。

ハイドロキノンがメラニン色素に有効に働き、黒ずみを減少させてくれるからです。

また、黒ずんでしまった肌を再生させるには、ピーリングという方法もあります。ピーリング効果のある石鹸やクリームで古い角質を取り除いてあげることで、肌のターンオーバーを助け黒ずみの解消が期待できます。

その他にも充分な睡眠も大切です。肌のターンオーバーを正常にするために必要な成長ホルモンは、寝ている間に分泌されます。

成長ホルモンが多く分泌されるといわれている、夜10時から深夜2時の間はきちんと睡眠をとるようにしましょう。

ケアの効果を充分に得るためには、きちんとした睡眠をとるこも忘れないようにしましょう。

黒ずみの原因は様々
お尻が黒ずんでしまう原因は、まず摩擦による色素沈着が考えられます。洋服や下着との摩擦や、椅子に長時間座っているときの圧力による刺激などから肌がくすみ、色素沈着が発生します。

さらに、摩擦や乾燥は過角化を引き起こします。これは肌が自らを守ろうと角質層を厚くする現象で、それに伴い肌がゴワついたりくすんで黒ずんだりします。

その他にも、ニキビやかぶれなどの炎症も色素沈着を起こし黒ずみになります。女性ホルモンのバランスが妊娠や出産、生理不順から乱れると、黒ずみが起きる場合もあります。

生活習慣を改善
お尻の黒ずみを改善するには、外部刺激から肌を守ること、体の内側からケアすること、肌を直接ケアすることが重要です。

クッションや座布団、通気性の良い下着で外部刺激からお尻を守り、ビタミンが豊富な食材を積極的に摂取し内側からケア、保湿クリームで乾燥を防ぐことでキレイな肌を取り戻しましょう。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因
黒ずみケアランキング