脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

お尻の黒ずみを改善する「角質ケア」とは?

人にはなかなか言えない「お尻の黒ずみ」。

ピーリングで古い角質を取り除いたり、ローションやクリームで保湿したりケア方法はさまざまです。

特に圧力や乾燥・摩擦が原因でお尻が固くなる「角質肥厚」に対して、角質ケアはとても有効な手段です。

角質ケアでお肌本来の機能を取り戻し、黒ずみのないプルプルの美尻を手に入れることも可能となります。

古い角質を落とすことで肌のターンオーバーを促す
通常は皮膚の奥で新しい肌細胞が生まれ、表面に押し上がってくると古い角質が自然に剥がれていきます。

しかし新陳代謝の低下により古い角質が落ちないと、肌が分厚くゴワゴワし、黒ずみの原因となるでしょう。

ピーリングで古い角質を落とし、肌のターンオーバーを正常な状態にすることがお尻の黒ずみケアには重要なのです。

ちなみにピーリングは強制的に角質を落とす方法のため、終わった後はしっかりと保湿してあげましょう。

角質ケアはあらゆる原因のお尻の黒ずみに有効

そもそもお尻の黒ずみには様々な原因があります。角質ケアは、そのどれに対しても有効な手段。

では実際にどんな原因があるのか見てみましょう。

過角化と角質肥厚の原因

刺激を受けたり、乾燥したりした状態が続いてしまうと、肌は自らを保護するために角質層を厚くしようと考え、どんどん新しい肌細胞を生み出します。これが「過角化」です。

しかし新陳代謝が悪いと古い角質が剥がれ落ちないため、どんどん肌の表面がぶ厚くなっていき、「角質肥厚という状態になるでしょう。

特に座りっぱなしの人はお尻の血行が悪くなってしまうので、この状態に陥りがち。するとメラニンをたっぷり含んだ角質が重なってしまい、ザラザラしたり黒ずんで見えたりしてしまいます。

これを解消するには、肌表面の古い角質を取り除き、新しい細胞を表面に出すことが大切です。

色素沈着の主な原因

お尻は蒸れやすく、ニキビやかぶれが起こりやすい部分。

汗をかいてそのままにしている、石鹸が洗い落としきれずに残っているなどの原因でニキビやかぶれができてしまうと、炎症による色素沈着の原因となってしまいます。

キレイに治してあげなければ、疾患は治まってもメラニン色素だけが残ってしまうでしょう。そのためニキビ跡やあせも跡、傷痕などが黒ずみに変化してしまうのです。

この改善には角質をケアして肌のターンオーバーを促し、新しい肌細胞を生み出す方法が有効になります。

摩擦や圧力による色素沈着

キツい下着や洋服の締め付けや、座った時にかかるお尻の圧力の影響で色素沈着することがあります。

これらの原因によって肌が刺激され、シミやくすみが発生してしまうでしょう。

摩擦による色素は肌の奥深い部分に定着してしまうため、改善に時間がかかります。

肌の新陳代謝をアップさせ、メラニン色素を根気よく排出していきましょう。

角質ケアに有効な「ピーリング」と「保湿」
ピーリングとは角質除去のことで、ジェルやクリームなどを使って古い角質を強制的に取り除きます。

スクラブが入っているタイプ、洗い流すタイプ、拭き取るタイプなど様々な種類があり、これを塗ってお尻を優しくマッサージすることで古い角質をキレイにすることができるでしょう。その際は保湿することを忘れずに。

ピーリング後のお尻は非常に敏感になっているため、少しの刺激でもまた肌を守ろうとして角質が硬くなってしまいます。

またピーリングをしなくても、保湿ケアは黒ずみの改善にとても重要です。

常に肌に潤いを与えることで、ゆっくりと肌のターンオーバーを正常化することができるでしょう。古い角質も自然に剥がれるようになるはずです。

有効成分が浸透しやすい肌づくり

どんなに美白や美肌に効果のあるクリームやローションでも、角質が硬くなっているゴワゴワお尻だと成分が浸透しません。

ピーリングや保湿ケアによって古い角質を落とし、柔らかい状態にすることで、有効成分が奥まで浸透しやすくなります。

「良いコスメを使っているのになかなかキレイにならない」と悩んでいる方は、適切な角質ケアをしてみることをおすすめします。

肌のターンオーバーを正常化してプルプルお尻を手に入れよう

ターンオーバーを邪魔し、黒ずみの原因にもなる古い角質。特にデスクワークをしている人は要注意です。

定期的にピーリングやケアクリームでの保湿ケアを行い、古い角質を除去、乾燥を取り除いてあげてください。肌のターンオーバーが正常になれば、白いお尻を手に入れることができます。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因