脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

ステロイドでお尻の黒ずみは消える?

お尻の黒ずみが気になって、ステロイドが配合されたクリームや軟膏を塗っている人はいませんか?

「ステロイド剤を塗ると黒ずみが解消された!」という人もいれば、「毎日塗っているのに黒ずみが消えない…」という人もいて、本当に効果があるのか疑問に感じているかもしれません。

ステロイドの効果は「炎症を治す」というものです。黒ずみ解消の効果が現れた場合でも、ステロイド自体が黒ずみを消すわけではありません。

ステロイドは炎症を治すための薬である
ステロイド剤は、元々アトピー性の皮膚炎や湿疹などを治療する際に使用する薬です。

その効果の高さから、「ステロイドなら黒ずみも解消してくれそう」と、お尻の黒ずみに塗る人もいると思いますが、実際にはステロイド剤自体に美白効果があるわけではありません。

ステロイド剤の効果はあくまで「炎症を治す」ことです。「炎症を治療することで黒ずみを解消する」と言ったほうがいいかもしれません。

ステロイドの働きや黒ずみとの関係

そもそもステロイドとは?

ステロイドは、人間の体内で分泌されているホルモンの一種です。

ステロイドホルモンの中でも、副腎皮質ホルモンの一つである糖質コルチコイドに炎症を抑える効果があると発見されてから、薬として使用されるようになり、たくさんの人々の治療に貢献してきました。

吹き出物や湿疹などの症状が出た場合に皮膚科で処方されることも多く、炎症性の皮膚疾患に使用することで早いうちに効果を得ることができます。

効果の高い成分であるため、配合量にもさまざまな工夫がなされています。

そのため、炎症の度合いや患者の肌質などから、処方するステロイド剤を医師が判断する必要があり「手元にあったから」とステロイド剤を使い始めることはあまりおすすめできません。

ステロイドによる色素脱失

ステロイド剤を長期間塗布していると、まれに「色素脱失」という現象が起こります。

これは肌の色が抜けて白くなる現象で、非常に強いステロイドを長い期間使うことで起こりますが、頻繁に見られるものではありません。

この色素脱失を見て、「ステロイドで肌が白くなった!」と思う人もいるかもしれませんが、ステロイド剤の塗布をやめると色素脱失も消えてしまいます。

また、肌の一部だけ色が白抜けするので、ステロイドによって美白が成功したとは言いがたいものです。

ステロイドそのものに美白効果があるわけではないので、美白や色素脱失を狙ってステロイド剤を塗り続けることは、やめたほうが良いでしょう。

ステロイドとお尻の黒ずみ

美白効果と反対に「ステロイド剤を使ったことで黒ずみが増えた」と言われることがあります。これは実際にステロイド剤が黒ずみを誘発したわけではありません。

皮膚に炎症が起こった後、赤みや黒ずみなど色素の異常が見られることがよくありますが、これは時間と同時に消えていくものです。

実際には炎症によって色素の異常が発生しているのですが、炎症の治療のためにステロイド剤を塗っていたことで黒ずんでしまったと誤解されることも多いようです。

また、ステロイドは肌や体の免疫に働きかけるため、患部やすぐ近くの皮膚に別の炎症が起こりやすくなる場合があります。

そうした新しい炎症は、元々あった炎症の治りを遅くしてしまったり、さらに色素の異常を招いてしまこともあり、注意が必要です。

ステロイドは黒ずみ解消には向きません
黒ずみを消したいという目的でステロイド剤を使ったことで、健康な皮膚に逆に炎症を起こしてしまうということにもなりかねません。

ステロイド剤の強さによっては、皮膚の状態が変化してしまいます。お尻は体の中でもデリケートな部分の一つですし、ステロイドを使って黒ずみを消そうとしないほうが良いでしょう。

黒ずみ解消には専用クリーム

上記のように、ステロイド剤を使用することで黒ずみを解消することはできません。黒ずみのケアにはそれに適した方法を選択することが大切です。

そこでおすすめしたいのが、ケアクリームの使用です。黒ずみを解消するためには、乾燥を防ぎ、角質を取り除くことが何より大切です。

高い保湿効果を持つケアクリームで、肌に潤いを保つことにより、黒ずみを予防・改善につながります。さらに、美白成分が配合されているものなら効果も期待できます。

原因を意識した対策で黒ずみを改善しましょう。

皮膚の炎症が長引くと黒ずみが起きる
皮膚に起こる炎症は色素の沈着を招きます。アレルギー性、免疫性の皮膚炎や湿疹など、皮膚に炎症ができると、肌細胞にある代謝産物や免疫細胞システムが活性化されます。

それによる刺激でメラニン色素を生成が促され、黒ずみが起こる原因になると考えられているのです。

炎症が起こった後の色素沈着は、表皮のメラノサイトが活性化して黒ずんでしまうか、表皮にあったメラニンが肌組織の奥である真皮に落ちてしまい、黒ずむことで起こります。

炎症が黒ずみの原因になるため、炎症を治療することがとても大切です。

ステロイドではお尻の黒ずみではなく炎症を治す

ステロイドは炎症を治すための薬です。
ステロイドによって黒ずみや美白効果が現れるわけではありません。
皮膚の炎症は肌の黒ずみを招きます。
炎症がある場合は早めに治療をして黒ずみを防ぎましょう。
予防ではなく改善を目指す場合は、ケアクリームの活用がおすすめです。

ステロイドで黒ずみが解消されるメカニズムは、実は美白をすることではなく炎症を治療することにあったのです。ただ、これはあくまで改善ではなく予防を目指す方法です。

ケアクリームを利用した方法で、黒ずみの予防を目指しましょう。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因
黒ずみケアランキング