脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

色素沈着によるお尻の黒ずみのケア方法

お尻の黒ずみは、普段人には見られにくいものです。しかし、下着の試着や海で水着を着るときなどに、誰かの目に触れたり、目立ったりしてしまうのではないかと心配になりますよね。

「そもそも、どうしてお尻に黒ずみができてしまうんだろう?」と思ったことはありませんか?その原因のほとんどが色素沈着です。

色素沈着の原因によって、予防やケアの方法も異なるため、まずはどうして黒ずみが起こっているのかを把握し、自分に合ったケア方法をとるようにしましょう。

お尻には色素沈着しやすい要素がたくさんある
実は、日常生活の中にも、お尻に色素沈着が起きやすい原因はたくさんあります。

特に女性は、女性特有の体のリズムから色素沈着の原因につながることもあるので、気を付けておく必要があります。

色素沈着は黒ずみの原因ではありますが、日頃からのケアで防ぐこともできるので、原因を知って対策をとれば、キレイなお尻を保つことができます。

なぜお尻に色素沈着が起こるのか

摩擦や締め付けなどが原因

下着や洋服との摩擦や、座っているときに体重からかかる圧力などにより、お尻には何らかの形で刺激が与えられています。肌は刺激を受けると、防御反応を起こしてメラニンを生成します。

そうした刺激が原因で、肌のくすみ、ザラつきや色素沈着が起こってしまうのです。仕事の内容やライフスタイルによっては、座る時間を短くすることは難しいかもしれません。

しかし、締め付けのきつい下着や摩擦を起こしやすい化学繊維の下着を避けることで、余計な摩擦を防ぐことができます。

洗い方が大切!摩擦黒皮症に注意
肌をキレイにしたいからといって、お風呂でお尻をゴシゴシ洗ってしまうのは摩擦の原因になってお肌には良くありません。

摩擦で生じた色素沈着は「摩擦黒皮症」と呼ばれていて、色素が皮膚の深い部分に定着してしまうため、美白の効果が出るまでにとても時間がかかります。

下着は肌触りの良い天然素材のものを選ぶなどし、ゆとりのあるちょうどいいサイズのものを着用して、摩擦からくる刺激を肌に与えないようにしましょう。

湿疹などの炎症が原因

シミのようなニキビ跡が残るように、肌に炎症が起こると、その部分で色素沈着が生じてしまうことがあります。

お尻の場合だと、あせもや湿疹など皮膚炎、アレルギー性のかぶれやムダ毛を処理した際に出来た傷から炎症が起こることがありえます。突然ニキビや吹き出物が発生することもあります。

化粧品、下着の素材や石けんなどで起こったかぶれの場合は、原因となっているものの使用をすぐに中止します。

湿疹や炎症にかゆみがあっても、掻いてしまうと炎症を悪化させたり色素沈着を促したりしてしまうため、良くありません。

それらの皮膚炎や吹き出物などは皮膚科を受診して、炎症やかゆみを治療することが必要です。

肌の乾燥と刺激による過角化

肌は乾燥や摩擦、紫外線などの刺激を受けると、それらから肌を保護しようと防御反応を起こします。

その結果、肌のターンオーバーが早まり、肌の組織の中で一番上の部分に当たる角質層を厚くしようとする「過角化」という現象が起こります。

過角化が起こって角質が厚くなると、肌を触った時にゴワゴワしたり、くすみが出てきて黒ずんでしまったりするのです。

過角化を防ぐためにはしっかりとした保湿が何よりも大切です。保湿の後はなるべく肌への刺激が少ない下着を身に着けましょう。

出来てしまった黒ずみの洗い方
すでにお尻に黒ずみが出てしまっている場合は、優しいタイプのピーリング石鹸などで余計な角質を取り除いてあげましょう。

そのときにはゴシゴシこすったりせず、穏やかに洗うようにしてください。ピーリング後は普段よりもさらに肌が乾燥しやすい状態になっているので、保湿に念を入れるようにします。

垢すりグッズやスクラブ入りの洗浄料でゴシゴシこするのは、黒ずみにとって良くありません。

こうすると肌がツルツルになったような気がしますが、摩擦による刺激が強いために色素沈着や過角化の促進の原因となってしまうからです。

手軽なケアクリームを活用

上記のような炎症や過角化を防ぐ手軽な方法として、ケアクリームが挙げられます。ケアクリームは黒ずみが気になる部分に塗るだけで、効果を期待できる便利なアイテムです。

たとえば、コラーゲン、オリゴヒアルロン酸、高分子ヒアルロン酸など、美容成分が含まれているものは、より高い効果を期待できるでしょう。

また、自分の使いやすいテスクチャのものを選べば、毎日使用することで快適に過ごすことができます。

黒ずみを防ぐためには、さまざまなことに注意しなくてはなりませんから、こういったアイテムを使用してみるものひとつの手です。

肌のターンオーバーと刺激の関係
肌は、紫外線や摩擦といった外部からの刺激を受けると、防御反応を示して色素細胞(メラノサイト)からメラニンを生成します。

メラニンは肌のターンオーバーによって徐々に消えていくのですが、継続的な刺激を受け続けるとそのサイクルがうまく働かず、色素沈着を起こしてしまいます。

特にメラニンが皮膚の組織の奥へ落ち込んでしまった場合、取り除くのにかなりの時間がかかります。

肌が乾燥していると刺激にも弱くなるため、肌を守るためには保湿が必要不可欠であり、これはお尻においても同じことが言えるのです。

色素沈着ケアをしてお尻の黒ずみを防ぐには

お尻の黒ずみは色素沈着が原因である
色素沈着の原因は、刺激・炎症・乾燥
原因を知って対策をとること
しっかり保湿をする

お尻の黒ずみを予防したりケアしたりするためには、これらのポイントを抑えることが必要です。

手軽な改善方法として、美白作用と保湿効果の両方を期待できるケアクリームなどで効率的なケアをしましょう。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因