脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

医療機関で行うお尻の黒ずみ治療方法とは?

お尻の黒ずみは、医療機関で治療を受けて改善するというのもひとつの手です

部位が部位だけに医師とはいえ他人様にみられるのは恥ずかしい、と思う人も多いことでしょう。

ですが、医療機関での治療と自己ケアを同時進行することで解消のスピードがアップすることがあります。

投薬、ピーリング、レーザー治療などその内容を理解した上で利用してください。

医療機関で行われている治療方法とは
お尻の黒ずみ治療を行っている医療機関は、大きく分けて美容外科と皮膚科の2つになります。

主な治療方法は、いずれも投薬治療、ケミカルピーリング、レーザー治療でどちらの機関で治療を受けた方がいいとか、肌に合った方法で治療してもらえるところを選んだ方がいい、といった問題は特に無いといえるでしょう。

ただし、保険適用外となるため費用は、医療機関によって異なります。

お尻の黒ずみの主な治療方法

ここからは、お尻の黒ずみをキレイにするために医療機関で行われている治療方法をご紹介します。

投薬治療

医療機関では、ビタミンC、ビタミンEやトラネキサム酸など抗酸化作用の高い成分を配合した内服薬を用いたりします。

また、トレチノイン、ハイドロキノン、ルミキシル、ビタミンC、ビタミンEなど、メラニンの生成を抑制する成分や美白効果のある成分が配合された外用薬を用いることもあります。

ただし、副作用のリスクがあることも否めません。

もちろん、お薬である以上副作用のリスクはつきもの、とはいえ医師が最適なお薬を選び使用を許可するのですから、副作用についてはさほど神経質になることはありません。

ただし、問診(カウンセリング)の際に肌質や肌状態、荒れやすい体質など恥ずかしがらずにきちんと伝えることが大切です。

また、飲み方や使用上の注意を厳守することで、効果を発揮してくれるものであるという認識を持つことも大切です。

ケミカルピーリング

内服薬やハイドロキノン、ルミキシル、ビタミンC誘導体などが配合された外用薬を用いて治療を行ってもなかなか改善が見られない場合や、肌が硬く&厚くなり過ぎている場合に採用されることの多い「ケミカルピーリング」。

ケミカルピーリングは、ターンオーバーの異常により、毛穴に角栓がつまり酸化してしまい黒ずんだ肌に最も効果的な治療法といわれています。

酸の力で厚くなってしまった古い角栓(皮脂&角質)など毛穴の奥の汚れまで溶かして剥ぎとることができます。

また、新陳代謝促進効果、皮脂分泌抑制効果、毛穴引き締め効果もあることから、繰り返し黒ずみが発生するのを防ぎたいという人から人気がある治療法でもあります。

ケミカルピーリングって、本当に大丈夫?
一昔前まで、ケミカルピーリングといえばお肌の負担が大きく施術後に肌が荒れてしまうことがありました。

特に敏感肌の人を中心に「皮膚がボロボロむけて汚い、痛みや赤みが出てしまい施術後はしばらくメイクすることもできなくなった」などの声も聞かれました。

しかし、最近は使用する薬剤や器具にも改良が加えられており、そういった心配はほとんどないようです。

レーザー治療

医療機関で行われているお尻の黒ずみ治療の中でも、最も即効性があるのが「レーザー治療」です。

黒ずんだ角質細胞を直撃し破壊するレーザー治療は、人気の治療法となっており早くお尻の黒ずみをなくしたいという人にはおすすめです。

1回の治療代は1~3万円ほどと決してリーズナブルとは言えないお値段ですが、すぐにお尻の黒ずみを消したい、という人から支持を得ています。

また、脱毛に用いられるレーザーよりは出力は弱いですが、レーザーを受けることでコラーゲンやエラスチンの生成が促進され美肌効果も期待できます。

お尻の黒ずみを消すだけではなく、肌自体も綺麗にしたいという人にも良い方法と言えます。

ケアクリームによる自己ケア

このように、医療機関ではさまざまな形で黒ずみ改善のケアを受けることができます。これにプラスして、ケアクリームを用いた自己ケアを行うことでさらに高い効果を期待できるでしょう。

もちろん、医療機関でも治療後のケアは行ってくれますが、自分でできるケアがあればさらに心強いはず。

医師と相談しながら、保湿・美白効果が高いアイテムを選んで、並行して使ってみてください。

また、医療機関での治療は信用に値するものではありますが、大きな費用や、通院の手間がかかってしまいます。

医療機関で黒ずみ治療を行う費用や暇がなかなかない、さらに医薬品を使用するのはなんだか心配という人もいらっしゃるでしょう。

そういった場合は、まずはケアクリームを用いた手軽でリーズナブルなケアを試してみることをおすすめします。それだけでケアがこと足りてしまうケースもあるはずです。

お尻の黒ずみの原因と解決法
お尻の黒ずみの主な原因は、外部刺激と毛穴の汚れ詰まりです。

正しいケア法を実践しなければ、かえって黒ずみを悪化させてしまう可能性もあるため、細心の注意を払う必要もあります。

その点、医療機関で治療を受けるのであれば、肌に負担をかけずお尻の黒ずみを早期に解消することができます。

お尻の黒ずみは医療機関でも治療できる

投薬治療
ケミカルピーリング
レーザー治療

など、いくつかの治療方法を用いてお尻の黒ずみ治療を行っている医療機関はたくさんあります。

お尻の黒ずみの原因や状態に応じて医療機関で治療を受けることにより、早期解消を期待することができます。

また、費用面や通院の手間を考え、医療機関での治療が難しいという人はケアクリームでの自己ケアが有効です。

手軽さと期待できる効果のバランスを考えるならば、試してみる価値はあるといえます。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因
黒ずみケアランキング