脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

お尻の黒ずみを引き起こすアトピーの対策とは?

アトピーで悩まれる方の一番の悩みはかゆみではないでしょうか。

特に摩擦による刺激でかゆみがひどくなるお尻はかきむしってしまうこともあります。

それが色素沈着につながり、黒ずみとなってしまいます。では、それを防ぐためにはどのような方法でケアすれば良いのでしょうか?

この記事では、アトピーによってできたお尻の黒ずみを改善する方法や予防法について紹介してみます。

乾燥による色素沈着
アトピーは肌を乾燥させ、かゆみを引き起こしやすいものです。そのため、肌の新陳代謝が悪くなりメラニン色素が排出されにくく、黒ずみができやすくなります。

アトピーの人は肌が敏感になっているため、外部からの刺激に弱く下着による摩擦によって色素沈着を起こしやすいのも黒ずみの原因です。

アトピーによってできたお尻の黒ずみの予防・改善策とは?

着ける下着に要注意

肌が敏感なアトピーの場合は、身に付ける下着にも配慮が必要です。

摩擦が起こりやすいナイロン製の下着は避け、コットン100%やシルク素材のものを選ぶようにしましょう。窮屈なサイズのものではなく、ボクサータイプの下着などもおすすめです。

また合成洗剤で下着を洗った場合、しっかりすすいでも洗剤の成分が残留していることがあります。これはアトピーを悪化させる原因となります。

さらに、合成洗剤に含まれる合成界面活性剤は肌のバリア機能を低下させることがあります。かゆみや湿疹を悪化させることにもつながります。

それを防ぐためには、合成界面活性剤を使用していない洗濯用洗剤を使うことをおすすめします。

ケアクリームで黒ずみ対策

お尻の黒ずみ対策としては、美白ケアが必要です。ケアクリームには美白成分が配合されているものがありますので、美白をメインにしたクリームを使うと効果が期待できるでしょう。

特にビタミンC誘導体やトラネキサムサンといった美白成分が配合されているクリームで、毎日しっかりとお尻の黒ずみをケアしましょう。

アトピーの肌は乾燥し敏感肌になっていますので、肌を強くするために肌のバリア機能を向上させることが大切です。

敏感肌は外部からの刺激に弱いので、下着などの摩擦によってすぐに黒ずみができてしまいます。

その対策には、ケアクリームなどで保湿をすること、またマッサージをして血行をよくして肌に必要な栄養素が届くようにしましょう。

アトピー対策の食生活

アトピーを改善するには、食生活に注意することも大事です。

心がけたいのはタンパク質や鉄分、銅、亜鉛、葉酸、ナイアシン、ビタミンB群などの栄養素を積極的に摂ることです。

玄米や小松菜、キャベツ、ピーマン、カボチャ、ゴボウ、かぶ、わかめ、ひじき、昆布などのほか、アロエやゴマ、お味噌汁などもアトピーにいいと言われています。

反対に避けたいものは、リノール酸を含む肉類や油分の多いスナック菓子やファーストフードなどです。

アトピーの原因について
アトピーの特徴は湿疹ができる、かゆみが出るといった症状です。しかもそれを繰り返すので、肌へのダメージは大きいもの。

特に肌の弱いお尻などに湿疹ができると、かゆみがひどくなります。そのせいで色素沈着も起こりやすく、治りにくいということになります。

アトピーの場合、代謝機能も低く免疫力も低いです。それがバリア機能の低下にもつながります。肌は乾燥し新陳代謝も乱れるので色素沈着がしやすくなります。

アトピーの原因はさまざまで、体質的な要素とダニやほこり、花粉、食物などのアレルゲンや汗や衣類の摩擦、洗剤、シャンプーやリンスなどの成分、さらにストレスや寝不足なども原因となると言われています。

バリア機能を低下させるアトピーを改善して黒ずみを解消

お尻の黒ずみの原因の一つであるアトピーは、肌が乾燥し湿疹などができかゆみを引き起こします。

肌のバリア機能が低下している状態なので、お尻の黒ずみもできやすくなります。

そのようなアトピーによるお尻の黒ずみを改善するには、美白効果のあるケアクリームを塗ることやクリームで保湿をすることが必要です。

また、アトピーを改善するために下着の洗濯には洗剤を使わない、食生活にも注意をする、といった日常生活における配慮も必要です。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因