脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

お尻の黒ずみが治らない時に見直すべきケアのポイントとは?

お尻の黒ずみを解消するために、いろいろ試してみても治らないという場合があります。

黒ずみはいくつか原因が積み重なってできることが多いので、急によくなるものではありません。

お尻の黒ずみが治らない場合は、一度いまのケア方法を見直してみましょう。

どのようなポイントを見直せば良いのかを見ていきたいと思います。

お尻の黒ずみの改善方法が間違っている?
お尻の黒ずみが治らないのは、改善方法が間違っている場合があります。

黒ずみを解消するには角質を落とすことですが、過剰に角質ケアをしているとかえって黒ずみが悪化することもあります。

また、原因が分からずに改善しようとしても、治らないこともあります。

皮膚科に行けば原因を見つけ、それに合わせてレーザーやケミカルピーリングなどの方法で治療をしてくれるので、治る確率も高いでしょう。

ケアをしてもお尻の黒ずみが治らない場合はどうすればいい?

お尻の黒ずみを解消しようと下着をかぶれにくいものにしたり、角質ケアをしたり、また生活習慣を変えてみても治らない場合があります。

その場合はどうしたらよいでしょうか?

ケア方法は間違っていないか?
角質ケアの方法は合っている?
お尻の黒ずみを改善する方法の一つとして、古い角質を取り除くピーリングがありますが、ピーリングは肌への刺激が強く、頻繁に行うとお尻の黒ずみを悪化させてしまいます。

必要な角質も取り除くと外部からの刺激を受けやすくなり、乾燥肌になることも。それが新陳代謝を遅らせ、黒ずみは悪化してしまいます。

ピーリングは週に1回程度、肌の弱い人は2週間に1回程度でもいいでしょう。

洗い過ぎていない?
お尻を清潔にすることも、黒ずみを解消するためには必要なことです。

しかし、お風呂でボディソープをつけてゴシゴシ洗っていると、肌への刺激となりダメージを受けることになります。

洗う時にはこすらずに、優しく洗うようにしましょう。

使用している化粧品は肌に合っている?

黒ずみを解消するには、保湿が大切なのでケアクリームを塗ることが大切です。

その際に使用しているケアクリームなどが肌に合っていないと、黒ずみの解消にはつながりません。

ケアクリームには美白効果の高いもののほか、肌の弾力を高めるもの、保湿効果の高いものなどいろいろあります。

目的に合わせて選ぶことと、使用していて肌がキレイに変化しているものを選ぶことが大切です。

ケアクリームを使用していても変化が現れない、治らないという場合はクリームを変えてみるといいでしょう。

お尻の黒ずみが治らない場合は皮膚科へ

自分でケアをしても治らない場合は専門家のいる皮膚科に行くことをお薦めします。皮膚科では主に次のような治療を行います。

レーザー治療
レーザーをメラニン色素に照射し、破壊します。

ケミカルピーリング
古い角質を取り除くケアです。市販されているものよりも薬剤の濃度が高いこともあり、セルフケアよりも高い効果が期待できます。肌に合わせて調合してくれるので安心です。

塗り薬
美白効果のあるハイドロキノンや、トレチノインなどの成分が配合された塗り薬が処方されます。

内服薬
ビタミンCやビタミンEなどが配合された飲み薬で、体の内部から改善していきます。

皮膚科などの専門家に診察をしてもらうことで、原因が何か分かるとともに、肌質などに合わせた治療をしてくれます。肌へのアドバイスなどもしてくれます。

不規則な生活習慣の改善も必要
お尻の黒ずみが治らない原因として、生活習慣があります。

いくら角質ケアやマッサージをしても、美白効果のあるケアクリームを使用しても、不規則な生活習慣を改善しないと、黒ずみが解消されない、またはなかなか改善されません。

睡眠不足は肌の新陳代謝を乱し、油っこい食べ物や糖分は摂り過ぎるとニキビの原因になります。ストレスも吹き出物や肌荒れの要因に。

規則正しい生活、栄養バランスの取れた食事、ストレスのない生活を心がけることも、お尻の黒ずみの改善につながります。

ケア方法を確認する

間違ったケア方法では、どんなに実践してもお尻の黒ずみは解消されません。角質ケアの方法や洗い方に注意し使用するケアクリームなどは適切なものを、正しい方法で使うことが大切です。

今まで使っていたケアクリームで効果が出ないという方は、そのクリームが体に合っていない可能性もあります。

自分に合ったケアクリームを見直して、黒ずみを改善していきましょう。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因