脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

お風呂でできるお尻の黒ずみを解消するケアとは?

お尻の黒ずみを解消するには、色々なケア方法があります。

美白成分が配合されたケアクリームを塗ったり、ピーリングで角質ケアなどは手軽な方法です。

実は、お尻の黒ずみはお風呂でのケアも重要というのはご存じですか?

では、どんな方法があるのかご紹介してみたいと思います。

お風呂でのケアのメリット
お風呂に入ることで毛穴が開くので、毛穴に詰まった汚れや皮脂などを取り除きやすく黒ずみを解消するケアに適しているというメリットがあります。

血行もよい状態なのでマッサージをするのも効果的です。アロマバスなどに入れば、より血行をよくすることもできます。

お尻の黒ずみを改善するためのお風呂でのケア

お風呂でマッサージするメリット

マッサージは黒ずみを改善するには有効な方法です。特にお風呂では血行がよくなっているので、マッサージの効果もアップします。

マッサージクリームを使うのもおすすめですが、ヨーグルトとハチミツなどでマッサージクリームを作って行うのも良い方法です。

お風呂であれば、マッサージをした後洗い流すのも簡単です。

お風呂の中で行うマッサージは指が滑りやすいので、余分な力が入らないのもメリット。黒ずみができている部分をクルクルと軽くマッサージしましょう。

新陳代謝を上げて入浴剤で血行促進

入浴には血行をよくするメリットがありますが、アロマなどの入浴剤を使うことで、より血行促進効果をアップさせることができます。

保湿効果もあるアロマの入浴剤で、乾燥肌を防ぎましょう。

ホホバオイルが入っている入浴剤は保湿効果が高いと言われています。新陳代謝を高めるグレープフルーツやラベンダー、血行をよくするレモンやローズマリーなどもおすすめです。

アロマオイルの香りはリラックス効果もあるので、ストレス解消にもつながります。ストレスは肌荒れを引き起こす原因となるので、入浴でストレスを発散させましょう。

塩とオリーブオイルを使ってケア

>古くなった角質を取り除くのも、お風呂で行えば楽にできます。

おすすめは塩とオリーブオイルを使ったピーリングです。毛穴の汚れも取れるので肌をキレイにする効果も期待できます。

塩とオリーブオイルを3:4の割合で混ぜ、それをお尻に塗って軽くマッサージをします。

古い角質が取れて、新陳代謝が高まります。殺菌・保湿効果も期待できます。

入浴後はケアクリームですぐ保湿

お風呂でしっかりとケアをしてお風呂を出たら、タオルでしっかりと水分を拭き取りすぐに化粧水と保湿クリームを塗りましょう。

お風呂上りは水分が蒸発しやすい状態となっているため、何もしないでいると水分がどんどん失われ、肌が乾燥してしまいます。

それを防ぐためにもお風呂上りはすぐに化粧水をつけ、ケアクリームでしっかり保湿しましょう。

お風呂上りは血行がよくなり、お尻に湿疹などができているとかゆみが出てくることがあります。肌が乾燥している人や、アトピー肌の人は特にかゆくなることが多いです。

そこでかいてしまうと色素沈着の原因になるので、早目に保湿ケアをして肌の乾燥を防ぐようにしましょう。

お風呂上りの体を拭くタオルは、肌に刺激のない素材を選ぶようにしましょう。拭くときもゴシゴシとこすらず、タオルを肌に押し付け水分を吸い取るように拭き取ります。

また、お湯の温度が高いとかゆみを引き起こす原因になるので温度にも注意が必要です。

熱いお風呂は肌を乾燥させる
入浴で注意したい点の一つにお湯やシャワーの温度があります。肌の保湿成分であるセラミドは、40度以上のお風呂に長く入っていると、お湯に溶けだしてしまうと言われています。

高温のお湯は肌を乾燥させてしまうのです。シャワーの温度にも注意しましょう。肌を乾燥させない理想の温度は、38~40度です。

お尻の黒ずみを改善するお風呂の入り方

バスタイムはお尻の黒ずみを改善する大切な時間です。血行がよくなるため、マッサージ効果も高くなりますし、角質ケアなどもしやすいです。

ケアが終わったら、シャワーですぐに洗い流すことができるので、ケアも面倒にはなりません。

保湿効果があり、新陳代謝を促すアロマオイルなどの入浴剤を使用すれば、さらに効果が期待できます。

アロマの香りによってリラックスすることができ、ストレス解消にもつながります。

また、入浴後は肌に優しいタオルでていねいに水分を拭き取り、すぐにケアクリームで保湿ケアをするのもポイント。

ケアクリームは手軽に使用でき煩わしさも少ないため、効率的なケアにぴったりのおすすめアイテムなのです。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因