脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

どうしたら落ちる?しつこいお尻の黒ずみ改善・解消法

体のいたるところに見られる黒ずみ。特にお尻はよほど気を付けていないと、気付いたときには定着していたというケースもよくあります。

Fotolia_65948541_Subscription_Monthly_M
黒ずみをそれ以上悪化させず、少しずつ改善へと導く方法として次のようなものが挙げられます。

床や硬い椅子に直接座らない
長時間の座位姿勢を避ける
下着や衣類のサイズや素材を見直す
すすぎ残しがないように気を付ける
保湿をする

改めて意識してみると、お尻には意外と負担がかかっていることが分かります。また、ケアの方法によっても状態は大きく左右されます。

お尻ケアの必要性
お尻は体重を支えると同時に、普段閉鎖されており蒸れやすい場所。圧迫や摩擦、蒸れなどが続くことにより、お尻に負担がかかります。

すると炎症を起こしたり、ニキビの元となるアクネ菌が増殖したりとあらゆる肌トラブルを招くことに。

また冷えや潤い不足によるカサカサ肌なども、黒ずみに関係しています。酷な状況にあるからこそ、きちんとケアして適切な下着を身に付け、正しい姿勢で過ごすことが大切です。

きれいなお尻を作るために

肌トラブルが起きやすくデリケートなお尻。普段から健康的な生活を心掛けることも重要です。

特に注意すること
下着選び
女性の場合、ボディラインを美しく見せるためのガードルやボディスーツ、ストッキングなどを身につける人も多いでしょう。

それらを選ぶ時は、締め付けばかりに目が行きがちですが、適切なサイズかどうかも充分に検討しましょう。摩擦によって起こる黒ずみのことを「摩擦黒皮症」といい、改善しにくいと言われています。

また通気性の良い素材で、動きやすいものがおすすめです。

刺激や負担を軽減
長時間のデスクワークや運転などは、お尻を圧迫して黒ずみの原因となる蒸れや炎症などを招きます。適度に休憩をとり、お尻をほぐすようにして血行を促しましょう。

また運動の一環として人気の自転車ですが、サドルから受けるダメージにも注目が必要です。ウォーキングやスイミングなども適度に織り交ぜながら、バランスのとれた運動を心掛けましょう。

体の内側からきれいに
人間には免疫力や自然治癒力が備わっています。それらが充分に働くと、肌の再生力もアップし黒ずみの解消にも効果的です。

そのためには、食生活や生活習慣などにも配慮しましょう。ミネラルやビタミンを意識した食事を摂ることが大切です。睡眠不足や過度なストレスなどは大敵です。

お尻にできる黒ずみの正体

黒ずみの主な原因はメラニン色素。そのメラニン色素はメラノサイトで作られます。

メラノサイトは肌の基底層にあり、刺激を受けることによってチロシナーゼという酵素を分泌。その酵素が分解することでメラニン色素となります。

健康な肌であれば、ターンオーバーによって不要なメラニン色素は排出されますが、乾燥や肌荒れ、老化を伴っているとうまくいかず肌内部に留まり、やがて色素沈着となって黒ずんで見えるのです。

メラニン色素と言えば紫外線というイメージですが、お尻は直接光を浴びないのになぜ?と思う人もいるでしょう。

メラニン色素は紫外線だけでなく、余分な皮脂や石けんの洗い残しなどが酸化したり、ストレスによる脳からの信号が刺激となったりすることもあるのです。

また新陳代謝の乱れから、ターンオーバーの働きが低下することなども原因の一つです。

黒ずみの改善・解消法

women applied the cream to her pretty feet on white根本から解消するためには、有効成分を含む黒ずみケアクリームがおすすめ。

「ピーリングやスクラブはダメなの?」と思う人もいるかもしれません。

硬くなった角質や毛穴に詰まった汚れを落とすのには効果的である反面、やり過ぎると必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥や肌荒れといった肌トラブルの原因にもなります。

特に敏感肌の人やアトピー体質の人には刺激が強すぎる場合があります。

その点、黒ずみケアクリームなら低刺激の優しい処方なので安心して使うことができます。

またビタミンC誘導体やプラセンタエキス、コラーゲンといった美白美肌成分が凝縮。メラニン色素に直接効果を発揮すると同時に、肌に上質な潤いを与え美肌へと導きます。

実際に使ってみてその良さを実感したという声は多く、リピーター率が高いのもその証。デリケートな部分だからこそ、使うコスメにはこだわりたいですね。

見えないからこそ注意が必要
お尻の肌トラブルに多いニキビや吹き出物。ちゃんと洗っているのにどうして?と思う人も多いでしょう。

その理由の一つにすすぎ残しがあるかもしれません。椅子に座ったまま流すのではなく、立ち上がってシャワーで丹念に流しましょう。

また下着跡やカサカサによる痒みから、無意識のうちに爪で引っ搔くと、傷や炎症となり黒ずみの原因に。目につかない部位だからこそ、黒ずまないよう細心の注意が必要です。

メラニン色素対策には黒ずみケアクリーム

黒ずみとなるメラニン色素は、紫外線などの外的要素だけでなく体内でもどんどん作られています。それらを撃退するためには、専用のケアクリームが効果的。

有効な成分を効率的に取り込むことで、効率的に美白を実感できます。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因
黒ずみケアランキング