脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

お尻の黒ずみの解消に保湿ケアは効果的?

Fotolia_29671151_Subscription_Monthly_M

お尻の黒ずみに悩んでいる人はとても多いと言われています。

お尻がざらつきや肌の表面などのニキビ跡を放置すると、色素沈着により黒ずみの原因になることもあります。

お尻の下の部分や表面などにできる黒ずみを解消するには、肌の保湿が必要です。

では、具体的にどのようなケアが効果的なのか見てみましょう。

水分不足は保湿ケアが必要
お尻はデリケートで、外部からの刺激に弱い部分です。しかし、生活の中で座ったり、自転車に乗ったり、下着で締め付けたりといった刺激が多く乾燥しやすい部位です。

肌が乾燥すると肌は保湿機能を失い、水分を保持できなくなります。水分がキープできなくなると、さらに乾燥が進み刺激に弱くなります。

それを繰り返すことで新陳代謝が低下し、色素沈着が起こりやすくなるのです。肌の保湿機能を高め新陳代謝を促すには、保湿ケアをすることが必要なのです。

お尻の黒ずみを解消する保湿ケア

お尻の黒ずみを解消するには、保湿をすることが必要です。お尻にはどのような保湿ケアが必要なのでしょうか?

刺激はお尻の黒ずみの天敵

お尻の黒ずみを解消するには、保湿ケアが必要ですが、黒ずみの原因を解消しないと、保湿ケアもしても黒ずみはなかなか改善されません。

お尻の黒ずみの原因として多いのが、座っている時間が長いことです。硬いイスに長時間座っていると、摩擦も起こりますし、血行も悪くなります。

そのため、新陳代謝も悪くなり、黒ずみもできやすくなるのです。できるだけ座りっぱなしではなく、イスから離れることも大事です。

また、お尻へのダメージを減らすためにクッションを利用するのもおすすめです。

やわらかいクッションでもいいのですが、穴の開いたドーナツ型のクッションであれば、お尻への刺激を減らすことが可能です。

クッションの素材にも注意しましょう。特に汗をかきやすい夏などは、蒸れてしまうとニキビができやすくなります。通気性のいい素材のクッションを選ぶようにしましょう。

クレイパックの方法と効果的な理由

クレイパックには高い保湿効果があると言われています。

クレイとは粘土や泥のことですが、エステなどでもよく使われる素材です。クレイにはマグネシウムやカリウム、ナトリウム、シリカなどのミネラル成分がたっぷりと含まれています。

粘着性があるので、毛穴の汚れなどをキレイにしてくれる効果が高いと言われています。殺菌作用があり、美白効果もあるので、黒ずみの解消にはおすすめです。

使い方は簡単です。お尻にクレイを塗って10~20分ほど置き、ぬるま湯で洗い流すだけです。

自分に合った保湿クリームを選ぶ

保湿成分にはいろいろな種類がありますが、それぞれ働きに違いがあります。

水分を閉じ込める保湿成分
セラミドやレシチン、コレステロールなどは水分を閉じ込める保湿成分です。
水分を保持する保湿成分
ヒアルロン酸やアミノ酸、コラーゲン、尿素、グリセリンなどは水分保持力が高い保湿成分です。
肌の表面をコーティングする保湿成分
スクワランやホホバオイルなどは肌をコーティングし、しっとりさせる効果があると言われています。

保湿成分が配合されたケアクリームは配合されている成分によって、働きが異なります。

また、数種類の保湿成分を組み合わせることで、より保湿効果を高めるケアクリームもあります。自分の肌に合った保湿用のケアクリームを選ぶことが大切です。

お尻の黒ずみは毎日の保湿ケアが必要

乾燥しやすく、新陳代謝が乱れやすいお尻は黒ずみができやすい部位です。

原因の一つとなるのが座りっぱなしの状態です。硬いイスに長時間座っていると、摩擦が起こりやすく血行も悪くなります。

やわらかいクッションやドーナツ型のクッションを利用して、お尻へのダメージを軽減しましょう。

乾燥を防ぎ新陳代謝を促すクレイパックもおすすめです。ミネラルたっぷりのクレイパックで保湿をしましょう。

手軽にできて毎日ケアができるのは、黒ずみ専用のケアクリームでのお手入れです。

専用クリームの美容成分にはそれぞれ働きがあり、商品によって特長があるので自分の肌や希望に合わせたケアクリームを使いましょう。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因
黒ずみケアランキング