脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

薬用ホワイトクレンザー

51318YG-770_D1

「黒ずみを洗い流すようにキレイにできたらいいのに」と思ったことはありませんか?

「薬用ホワイトクレンザー」は、薬用成分であるグリチルリチン酸2とプラセンタエキスによって、簡単に黒ずみを落とすことができる黒ずみクリームです。

ワキの下専用ですが、ヒアルロン酸のような保湿成分や、美白に効果のある植物由来のエキスを配合。

美白ケアと美白ファンデーション効果も持ちあわせている、人気の高いケアクリームとなっています。

高い美白効果とファンデーション効果
「薬用ホワイトクレンザー」は、何と言っても気になる部分に塗って洗い流すだけという、お手軽な方法でワキの下の美白ができる点が特徴です。

黒ずみを取り除く2つの成分の他に、お肌をいたわりながら美白する成分が配合されています。

さらに、ミネラル成分がファンデーションの効果を与えてくれるので、黒ずんでいるお肌をカバーして、白くてキレイなワキの下に見えるようにしてくれます。

薬用ホワイトクレンザーの特徴

黒ずみに有効な2つの薬用成分

「薬用ホワイトクレンザー」にはグリチルリチン酸2とプラセンタエキスという、2つの薬用成分が配合されています。

グリチルリチン酸2には抗炎症作用があり、お肌で起こっている炎症を鎮めてくれます。

炎症による刺激が、お肌や黒ずみにとって良くないことも多いのです。さらに炎症による赤みも抑えてくれます。

プラセンタエキスは、そこに含まれる数多くの成分により多様な働きがあります。プラセンタエキスにはアミノ酸、ビタミンやミネラルといったさまざまな栄養素が含まれています。

プラセンタエキスは代謝を促進し、毛細血管の血流を良くしてくれます。代謝や血行が良くなると、肌の新陳代謝(ターンオーバー)が促進され、メラニン色素を含んだ古い角質が正しいペースではがれ落ちるようになるのです。

ターンオーバーがきちんと行われると、メラニン色素が沈着してできてしまった黒ずみやくすみを改善できます。

さらに、プラセンタエキスはメラニン色素の生成に関わるチロシナーゼを阻害するため、メラニン色素そのものや黒ずみの発生を抑えてくれるのです。

うるおいを与える2つの成分

ヒアルロン酸とオウゴンエキスという、お肌にうるおいを与えてくれる成分が「薬用ホワイトクレンザー」には配合されています。

ヒアルロン酸は人間の体の中にも存在し、皮膚や筋肉、軟骨を構成しています。お肌の組織の中でも、細胞と細胞をつなぐ重要な働きをしており、強力な保湿成分でもあるのです。

オウゴンエキスは植物由来の成分で、同じように強い保湿力を持っています。保湿をすることでお肌のバリア機能が向上し、さらにくすみがなくなります。

炎症を抑えるためにも保湿は必要ですから、お肌に十分な水分が保たれることで皮膚のトラブルを防ぎ、炎症による肌荒れや赤みを防ぐこともできるのです。

3つの和漢植物エキスとその効果

「薬用ホワイトクレンザー」には、ニンジンエキス、スギナエキスやオオムギエキスなどの和漢植物由来のエキスも含まれており、美白効果を助けてくれます。

ニンジンエキスは血行促進の効能があり、お肌の色を良くしたりターンオーバーを正常にしたりする補助をしてくれるのです。

スギナエキスは抗炎症作用があり、肌の赤みを防ぐ効果のほか、お肌の代謝を促進してくれます。

皮膚の組織にあるコラーゲンやエラスチンに働きかけて、お肌のハリを保ってシワやくすみを防ぐ効果もあるので、美白にはピッタリですね。

刺激や炎症によってお肌は黒ずんでしまう
黒ずみの原因はメラニン色素が主ですが、メラニンが生じる原因はいくつかあります。

お肌は炎症を起こしてしまうと、炎症そのものや発生する傷みやかゆみによって刺激が起き、その刺激でメラニン色素が生成されやすくなってしまいます。

他にもムダ毛の処理や衣服との摩擦からくる刺激で、黒ずみは発生します。

また、お肌のターンオーバーがうまく行かなかったり、保湿が十分にされていなかったりすると、メラニン色素が沈着しやすくなりお肌がくすんで暗く見えてしまうのです。

薬用ホワイトクレンザーは美白とカバー力が魅力

「薬用ホワイトクレンザー」は、ワキの下に塗って洗い流すだけで簡単に美白ができることで人気の黒ずみクリームです。

黒ずみと一緒に炎症による赤みも抑え、お肌の調子を整えながら美白をすることができます。

配合されたミネラル成分によるファンデーション効果もあり、手軽にキレイなワキの下をつくるのに役立ちます。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因
黒ずみケアランキング