脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

フェロモンボディ

wat3234-00

肌の黒ずみの予防のために日頃の黒ずみケアは欠かせないものです。

フェロモン・ボディは女性がもともと体に持っている優しい香りを引き出すことをコンセプトとしたラズベリーの香りのスクラブソープです。

主な成分として天然塩と茶エキス、16種類のハーブを使用して作られています。

「美容成分・香り・洗浄力」のバランスが大変良く気分良くマッサージしながら使っていくほどに肌のキメが整います。

天然塩が優しく汚れ落としてくれる
お風呂に塩を入れて入浴すると、塩の浸透力により皮脂腺の中にある皮脂を浮かせて排出すると言われています。

浸透力というと分かりづらいですが、お魚に塩を振ると水が出てくるイメージといえばピンとくるのではないでしょうか。

美容成分もたっぷり!

ボディスクラブに欠かせないのは、肌になじみやすい天然塩だけではなく、美容成分なのではないでしょうか。

美容成分が入っているのといないのとでは洗い上がりのモッチリ感が全然違います。

チャ葉エキス配合

お茶には成分には、タンニン・カフェイン・ビタミンC・アミノ酸などが豊富に含まれています。

特に美容効果で期待できるのはビタミンA、C、Eとカフェインの抗酸化作用です。塩で洗い落とした後の肌はいわば耕したばかりの畑のようなものだからです。

またチャ葉エキスにはデオドラント効果もありますから、汗をかきやすい季節に使えば気になる匂いも抑えられて便利です。

16種類のハーブ配合

1. アルニカ花エキス
アルニカの花から採取され、抗炎症作用、収れん作用、血流改善、セルライト除去などに効果があり、マッサージクルームなどによく使われます。

2. イチョウ葉エキス
含有成分の二重フラボンは血管拡張作用に優れ、血管硬化を防ぐ作用があります。

ドイツの製薬会社はイチョウ葉エキスからフラボノイドを抽出して高血圧の治療薬を作っています。

保水・保湿効果があり、美白と肌柔軟化に効果があります。

3. セイヨウトチノキ種子エキス
抗炎症作用・収れん作用があり、古くからしもやけの時に塗るなどの民間治療薬として有名です。
血行促進や抗浮腫作用もありますので化粧水などによく使われます。

4. ヒバマタエキス
ヒバマタという海藻から抽出したエキスにグリセリンを加えたものです。

保湿作用・皮膚再生作用・血行促進作用があり、脂肪分解促進効果などにも効果があります。引き締め系のマッサージクリームによく配合されています。

5. ブッチャ-ブルーム根エキス
古くはヨーロッパのハーブティーとして親しまれ、利尿作用があります。血行促進や収れん作用がありむくみ改善にもしばしば用いられます。

6. カッコンエキス
乾燥させた根から抽出したエキスで、発汗・解熱作用で昔から漢方薬として民間で親しまれてきました。

保湿、収れん効果、皮脂の過剰分泌抑制、血行促進、抗炎症、紫外線吸収などに効果が見られます。

7. ボタンエキス
ボタンの根からエタノールで抽出したエキスです。抗酸化・抗炎症、紫外線吸収、血行促進や鎮痛効果があり、育毛剤や化粧品によく使われています。

8. ユキノシタエキス
抗酸化・炎症効果があり紫外線吸収作用、抗炎症作用があります。美白ケア製品に含まれています。しもやけの民間治療薬として昔から親しまれている薬草です。

8. マグワ根皮エキス
漢方では高血圧の予防や疲労回復・滋養強壮などに用いられ、肌については、シミやソバカスを改善する効果があります。美白、抗炎症、フケやかゆみ予防など。

9. アロエベラ葉エキス
アロエベラという品種の葉から抽出されたもので、保湿効果が特に知られています。抗酸化・炎症、紫外線吸収、皮脂分泌抑制効果、血行促進が主な効果。

10. アシタバエキス
青汁で有名な明日葉は便秘改善や栄養などにとくに注目されていますが、肌に対しては抗酸化・炎症作用が効果があり、にきびケアの化粧品に使われます。

11. カミツレエキス
カモミールから抽出されるエキスのことで、保湿・美白効果、殺菌・抗炎症、血行促進、が主な効果です。肌荒れや敏感肌の人にも使いやすい成分です。

12. シラカバエキス
白樺の葉と樹皮から抽出され、保湿・保護、収れん、殺菌・抗炎症効果で知られています。
ヨーロッパでは民間治療で皮膚の外傷の際に使われています。

13. セージエキス
サルビアと呼ばれるハーブから抽出されたエキスのことで、抗炎症効果、収れん作用、抗酸化、血行促進に効果があります。またひきしめ効果もありますのでおもに化粧水に使用されます。

14. パセリエキス
消臭・抗炎症効果にとくに優れ、保湿・美白効果も得られます。肌のキメを整える基礎化粧品や美白美容液などに使われています。

15. ローズマリーエキス
シソ科のマンネンロウの花から抽出したエキスで、基礎化粧品の原材料によく見られます。抗酸化・抗炎症効果、保湿・保護作用、収れん、血行促進などに効果があります。

16. タイムエキス
シソ科のイブキジャコウ草から抽出され、収れん、抗炎症、保湿効果があります。
肌の調子を整える基礎化粧品によく見られる成分です。

黒ずみクリームの選び方
ボディスクラブは角質落とし目的で使う方が多いかと思いますが、フェロモン・ボディは上記のようにたっぷりと美容成分が入っています。

それでいて洗浄力はきちんとあるので日頃から黒ずみをケアしたい方にピッタリです。

黒ずみの改善は、新陳代謝をあげて表皮のターンを早めるしか改善方法がありません。

ですから、できるだけ皮膚に負担がない黒ずみクリームを選ぶことがなによりの安全策なのではないでしょうか。

黒ずみクリームを選ぶならフェロモン・ボディで決まり

フェロモン・ボディでお手入れしていれば、夏の紫外線やシミ対策にもなるし、スクラブ効果で全身の黒ずみも予防できるし至れり尽くせりです。

フェロモン・ボディのシャリシャリとした感触を楽しみながら今年の夏は上手に角質ケアしていきませんか?

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因
黒ずみケアランキング