脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

市販の黒ずみクリームの効果的な使い方は?

imasia_15807743_M

市販の黒ずみクリームが持つ効果を最大限に引き出すには、お風呂のあとに使用することをお薦めします。

通常よりも高い効果が得られるようになるので、黒ずみが治るスピードが速まるかもしれません。

できるだけ早く黒ずみをなくしたい・・・と考えている方は多いはず。もしほかのタイミングで使用している方がいれば、今日からでも試してみてはいかがでしょうか?

清潔な状態が効果を促進させる
脇やお尻の黒ずみは、菌による炎症と、乾燥による刺激が引き起こしているといわれます。だから、お風呂で各箇所を清潔に、かつ潤った状態にすることは、黒ずみ解消のための基礎となるのです。

そのうえで黒ずみクリームを塗れば、菌と乾燥の影響を受けることなく製品が持つ効果をそのまま受けることができます。

効果的な使い方は?市販の黒ずみクリームを使う場面

得られる効果の高さと使用の手軽さから、もっとも簡単な黒ずみのお手入れ方法だとされる黒ずみクリーム。その効果を引き出すには、先述したようにお風呂のあとで使うのが一番です。

具体的にはどのような理由があるのか、こちらできちんと理解しておきましょう。

菌を洗い流す

脇やお尻は、汗をかきやすい箇所なので菌が繁殖しがちです。菌が皮膚に悪影響を及ぼし炎症を招くケースがありますが、これが何度も繰り返されてしまうと色素沈着によって黒ずみが生じます。

ですから、菌が繁殖している、もしくは残っている状態で黒ずみクリームを塗るのはあまり有効的な方法とはいえないのです。

お風呂で身体を洗うときには、脇とお尻に溜まった菌をしっかり落とすことを意識して取り組んでみてください。

ただこの際、あまりに強い力で洗ってしまうと、逆に炎症を起こすきっかけとなり得ます。適度な力で、優しく丁寧に洗うよう心がけましょう。

保湿効果が高まる

脇とお尻は、インナードライ肌になりやすい箇所だといわれます。インナードライ肌とは、皮膚が厚くなってターンオーバーが追いつかず肌の内部が乾燥し、皮脂が分泌され続ける肌のことです。

皮脂の影響で表面からだと保湿されているように見えますが、内部はとても乾燥しているのが大きな特徴となります。

汗をかきやすいうえに、衣類による摩擦など外的刺激を受け続ける脇とお尻は、どうしても皮膚が厚くなってインナードライ肌になりがちです。この状態で黒ずみクリームを塗っても、皮脂によって効果が妨げられてしまうでしょう。

しかし、お風呂のあとであれば水分によって保湿されていますし、皮脂も洗い流されているので、十分な効果を得ることが可能です。

有効成分を吸収しやすい

お風呂上りに、手や足がふやけたことはないでしょうか。

おそらく誰もが一度は経験があると思います。実はそのふやかし、角質層の水分量が上がって有効成分を吸収しやすくなっている証拠なのです。

つまり、ふやけている状態で黒ずみクリームを塗ると効果を実感するスピードが速くなります。

また皮膚の温度が上がるだけで吸収率は上がるとされるので、無理にふやかす必要はありません。

以上のような理由からお風呂上りに黒ずみクリームを塗るのが、もっとも効果を引き出せるタイミングとなるのです。

お風呂上りすぐに塗る
お風呂上りのあとに黒ずみクリームを塗るときは、できるだけ早めに塗るようにしましょう。

上がってから時間が経過すると乾燥が進んでしまい、吸収率の悪い肌になってしまいます。そうなると得られる効果はグっと下がるので、保湿が維持された状態を逃すことがないようにしてください。

市販の黒ずみクリームの効果的な使い方はお風呂のあと

お風呂のあとは、脇やお尻が潤っている状況なので、有効成分の吸収率がとても高まっています。しかも、溜まった菌も洗い流されており有効成分を妨げるものは一切ありません。

1日でも早く黒ずみを解消したいのであれば、そのタイミングで黒ずみクリームを塗ることをおすすめします。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因