脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

脇の黒ずみ対策にクエン酸ピーリング

ワキのお手入れをしている時に、いつの間にかできた肌の黒ずみに気付いてしまった、なんて経験をお持ちの方いませんか?

そんな、気になるワキの黒ずみの解消法のひとつにクエン酸ピーリングがあります。

この記事ではその仕組みと効果、そして注意点などについてご紹介します。

これからピーリングを検討していた方は参考にされてください。

ピーリングって何?
ピーリングとは、酸性の薬品を肌に塗ることで古い角質を溶かし、肌の入れ代わり、つまりターンオーバーを促すものです。

ただし、ピーリングを行えばターンオーバーが早くなるというわけではありません。あくまで正常な入れ代わり周期に戻すということなので、この点は考慮しておきましょう。

ピーリングは一般的に皮膚科でニキビ後やシミを取り除くために行われていますが、美白効果が期待できるともいわれており人気の施術です。

薬品以外の物によって古い角質を取り除く方法も近年では登場していて、レーザーピーリングやダイアモンドピーリングがこれにあたりますが、こちらもクリニックで受けるものなります。

ピーリングはなぜ効果が期待できるの?
皮膚はターンオーバーによって新しい皮膚と古い皮膚が入れ替わり、健康な状態を維持しています。

ターンオーバーが正常に行われていれば問題はありませんが、ときどき古い角質がうまく肌から剥がれずに取り残されてしまうことがあります。

いつまでも肌上に古い角質が残されていると、肌が黒ずんでしまう原因になります。

ピーリングで古い角質を強制的に溶かし、取り除くことで肌トラブルの原因を取り除くことにつながるのです。

シミや黒ずみの原因はターンオーバーが正常に行われていない点にあり、ピーリングを行うことでそれらの解消効果が期待できるとされています。

ピーリングの注意点

クエン酸は体内にも存在する成分で酸性です。よく水回りの掃除に使われたい、サプリメントに添加されていたりします。

クエン酸ピーリングは非常に簡単で、精製水とクエン酸をドラッグストアなどで購入し混ぜるだけで誰でも簡単にできてしまいます。

ただし、それ自体が肌に良いものとは言い切ることができませんので、行う際には注意しなければなりません。

ピーリングとは、悪く言えば、ターンオーバーを無理やり促進させる方法です。角質が取り除かれれば、当然その下から現れるのは新しい皮膚となります。

この新しい皮膚が正常な皮膚ならば良いのですが、しかし大半の場合は成長しきっていない未熟な皮膚が露出することになります。

未熟な皮膚は本来持っている肌のバリア効果が弱いため、外部からの刺激によって炎症を引き起こしやすいという特徴があります。

炎症が起きると皮膚の内部ではメラニンが分泌され、これが再び黒ずみの原因になりますのでピーリングを行ったとしても状況を悪化させてしまうだけ、という可能性もあるのです。

敏感肌の方の場合にはこの傾向が強く表われることになりますので、自分の肌との相談となりそうです。

皮膚科で行うのが安全
ピーリングを行いたいならば皮膚科で行うのが最も安全な方法です。安易に簡単だからといって自分で行うのはお薦めしません。

まずは自分の肌がどのような肌なのか調べた上でピーリングが行いますので、もしも肌が弱いと判断されたら止めてくれます。

また、他の改善策を練ってくれることにもなりますので、やはり皮膚科にて診療してもらうのが最も確実なのです。

自分でクエン酸ピーリングを行うことは確かに手軽ですが、その分リスクも高いので、デメリットは充分に考慮した上で行うようにしましょう。

まとめ
ワキの黒ずみを治すために自分でクエン酸ピーリングを行うのは、確実に効果が得られるわけではなく患部が悪化してしまうというリスクもあるためお薦めはしません。

肌のターンオーバーを強制的に促進させるピーリングは、効果もそれなりに期待できますがリスクが高いので、皮膚科にて専門家の意見を聞いた方が良いでしょう

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因
黒ずみケアランキング