脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

脇の黒ずみを解消する治療法とは?

ワキの黒ずみは放置しておくと色素沈着がひどくなって、セルフケアでは改善するのが難しくなることもあります。

そこで医療機関などではワキの黒ずみを解消する治療法として、さまざまな方法を用意しています。

ワキの黒ずみを解消する方法には、美白作用のある塗り薬を塗布する方法、さらにビタミンイオン導入レーザー治療法などがあります。

ワキの黒ずみの治療法のしくみ
ハイドロキノンやトレチノインなどの塗布は、メラニン色素を薄くしていくものです。医療機関では市販されているものよりも効果があるので、即効性も期待できます。

レーザー治療などにおいては、メラニン色素にレーザーを照射し、メラニン色素を分解・破壊していき、メラニン色素を減少させていく治療法です。

黒ずみを解消する様々な治療法

ワキの黒ずみを解消する治療法はいろいろあります。医療機関では美白効果があると言われている成分をオリジナルで配合し、治療薬を提供していることが多いです。

その中から自分に合った治療法を見つけていくことが、ワキの黒ずみを解消する方法です。どのような治療法があるか、紹介していきましょう。

美白クリームを塗布する

ワキの黒ずみを解消する治療法としてよく使用されるのが、美白成分を配合したクリームなどを塗布する方法です。特にハイドロキノンを使うことが多いです。

ハイドロキノンは美白成分として高い効果があると言われている成分で、メラニンの生成を抑えるほか、メラノサイトを減少させる働きもあると言われています。

ハイドロキノンの美白効果は、ビタミンCやプラセンタよりも高いと言われていますが、その分副作用もあると言われているので、取り扱いには注意が必要とされています。

また、トレチノインを使う治療法もあります。トレチノインは古い角質を取り除き、肌のターンオーバーを高めてくれる働きがあり、その結果ワキの黒ずみを解消していきます。

レーザーによる治療法

レーザーをメラニン色素に照射し、メラニン色素を破壊していく治療法があります。

メラニン色素をレーザーで破壊することで、肌に残っているメラニン色素を減らしていきます。継続して治療を続けていくことで、ワキの黒ずみが解消されていきます。

レーザーによる治療は色素沈着を改善するだけでなく、コラーゲンの合成を促したりすることで、肌のハリや弾力をよみがえらせるというメリットもあります。

セルフケアよりも即効性があるのもレーザーによる治療法のメリットです。

イオン導入による解消

ビタミンAやビタミンC誘導体などの美白成分をイオン導入することで、ワキの黒ずみを解消する方法があります。

イオン導入により肌の奥まで成分を浸透させることができるので、効果が高いと言われています。

内服による治療法

af9940091517lビタミンCやトラネキサム酸などを服用することで、体内からメラニン色素に働きかけ、ワキの黒ずみを解消していく方法もあります。

トラネキサム酸はアミノ酸の一種で、メラニンの生成を抑える働き、炎症を抑制する働き、肌荒れを改善する作用などがあると言われています。

抗炎症効果や抗アレルギー効果、止血効果などがあると言われ、医療の現場でも用いられているものです。化粧水や美白美容液などにも配合されていることが多いです。

美白成分には副作用がある?
美白効果があると言われている成分の一つであるハイドロキノンは、効果は高いと言われていますが、使い方に注意しないと副作用が出てしまうことがあると言われています。

刺激が強いため、皮膚に炎症を起こしたり、刺激を感じたりということもあります。濃度が高いものを使うと、メラノサイトを減少させる効果が高く出てしまい、白斑ができてしまうことも考えられます。

医療機関ではハイドロキノンを適切な量で配合し、効果をあげているので安心ですが、ハイドロキノンを使ったあとに紫外線を浴びると、色素沈着を起こしてしまう場合もあります。

自分で使用する際には、量や濃度などに注意して使うようにしなければなりません。できれば、医療機関で指示を受け使用方法を守って使うことをお薦めします。

自分に合った治療法を見つけよう

ワキの黒ずみの治療方法にはいろいろなものがあります。

ハイドロキノンやトレチノインを塗布する方法、レーザーでメラニン色素を破壊し減少させていく治療法、ビタミンC誘導体やトラネキサムサンなどの成分をイオン導入する方法さらに、内服による治療法などです。

どのような方法も効果があると言われている方法ですが、費用や副作用なども考慮したうえで、自分に合った治療法を選択し、ワキの黒ずみを解消していきましょう。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因