脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

トレチノインとハイドロキノンで脇の黒ずみを解消

ハイドロキノンとトレチノインによるワキの黒ずみ療法をご紹介します。美容に関心のある人なら聞いたことのある薬品名かもしれません。

ハイドロキノンは、メラニン色素を作るメラノサイトの働きを抑制し、生成自体をなくすというもの。対してトレチノインは、表皮層に既存しているメラニン色素を外へ押し上げ排出するという特徴があります。

ターンオーバーに合わせて両者の働きを相互的に組み合わせ併用し、美白治療を行うことが一般的です。

それぞれの働きを活かした治療方法
ハイドロキノンは簡単に言えば漂白剤です。肌の基底層に潜むメラニン色素の生成を弱めることで、美白効果が期待できる成分です。

トレチノインは表皮細胞を増やす働きがあるので、肌細胞とともにメラニン色素も一緒に押し出すというもの。

つまり、これらをつかった美白治療は両者を併用することで、メラニン色素の生成を抑え、既存している分を排出するという理論に基づいています。

美白効果と副作用について

ワキの黒ずみに有効なハイドロキノンとトレチノイン。その効果は高く結果を期待できるものですがその半面で副作用もあります。

正しい知識を持って、適切な使い方を心掛けましょう。

ワキの黒ずみやシミ効く

美白対策を行うためには、まずハイドロキノンをうまく作用させることがベースとなります。

メラノサイトというメラニン色素を作る細胞が存在している、肌の基底層に注目するとハイドロキノンの働きは大きく二つ挙げられます。

一つ目は、メラノサイトの働きを抑制して、メラニン色素の産出を抑えるという働きです。またメラノサイトにはチロシンという物質があり、チロシナーゼによって酸化されることでメラニン色素の材料となります。

そこで二つ目として、そのチロシナーゼの作用を阻害することで、メラニン色素生成の過程をブロックするという働きがあるのです。

一方トレチノインの働きは、既に基底層に存在しているメラニン色素を外へ排出するというもの。表皮細胞を増殖させることでターンオーバーを促し、深い部分の細胞がどんどん表面に押し上げられるという仕組みです。

二つを組み合わせることで、メラニン色素の少ないきれいな肌を再生するというわけです。

副作用と注意点について
それぞれに効果が期待できる薬ですが、副作用についてもきちんと知っておく必要があります。

過大な副作用を回避するためには、適した量や濃度を守りましょう。

ハイドロキノンの副作用

af9920062532l刺激性皮膚炎・赤みやかゆみ
濃度が高すぎたり、量が多すぎたりすると、浸透性の高いハイドロキノンは肌の奥深くにまで入り込み、炎症や赤みを引き起こす場合があります。

濃度や量だけでなく個人差もあるので、パッチテストや数日間は様子を見たりと十分注意しましょう。

白斑ができる
極端に濃いものを使うと細胞が破壊され、塗った部分だけメラニン色素が全く作られなくなることから、白いシミになってしまうことがあります。

市販されている1~4%のものでは白斑ができた事例はありませんが、専門家によるアドバイスを受ける方が良いでしょう。

紫外線を浴びるとシミや黒ずみが濃くなる
肌を刺激から守るメラニン色素が少ないということは、肌は紫外線に対して無防備な状態ということ。短時間の外出であっても、SPF20以上の日焼け止めクリームを必ず使って下さい。

注意点!冷蔵庫で保存する
酸化しないように、熱や空気に触れないようにして冷蔵保存が鉄則。茶色く変色したら使用は禁止して下さい。

トレチノインの副作用

皮がむける
肌のターンオーバーを促進するため、その速度についていけず、表面の皮が剥がれてしまうことがあります。無理に剥ごうとせずに自然にきれいになるのを待ちましょう。

炎症後色素沈着
肌が慣れないうちは、炎症や赤みが発生します。炎症が強すぎると色素沈着を起こすので、慎重に経過をチェックしましょう。

塗るとヒリヒリする
敏感肌の場合は、刺激を感じやすくヒリヒリすることもあります。気になる場合は使用を中止して、医師のアドバイスを受けましょう。

ハイドロキノンとトレチノインを使ったワキの黒ずみ対策は専門機関がベター
一般的には美容クリニックや皮膚科などで使用されるものですが、個人輸入を行い自己責任のもとで取り入れている人が多いのも事実です。

インターネットで簡単に購入でき、費用も抑えられるというメリットはありますが、どちらも強い作用の薬品のため、間違った使い方をすると非常に危険です。

クリニックや皮膚科に出向き、その人に合った処方やきちんとした経過観察をしてもらうことをお薦めします。

黒ずみの元凶はメラニン色素!
ワキの黒ずみを作っているものはメラニン色素です。無駄毛の自己処理による外的刺激や炎症、衣類などから受ける摩擦や圧迫から、信号を受けたメラノサイトが反応しメラニン色素を生成。

それらが繰り返されることでメラニン色素が蓄積され、色素沈着を起こし黒ずみへと進行していきます。肌や毛穴を傷つけるカミソリや毛抜きの使用や、締め付けのきつい不適切な下着によってワキの黒ずみは発生しているのです。

薬品を用いた美白療法は正しく

ハイドロキノンとトレチノインは、肌細胞を活性化しメラニン色素の産出を抑えることで、美白に効果的です。

ただし使い方や適量を間違えると、取り返しのつかない肌トラブルを招いてしまうことにもなりかねません。医師のアドバイスや肌診断の上で、適切な薬品を使いましょう。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因
黒ずみケアランキング