脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

黒ずみなしの脇のムダ毛処理ができる光エステとは?

黒ずみのないキレイなワキでいたいと思うのは女性なら誰でも同じですよね。

一番良いのはやはりエステサロンなどでプロに施術をしてもらうことですが、なかなかサロンへ通うのが難しい場合もあるでしょう。

そんな人にも自分でキレイなワキを持つ方法があります。まずは黒ずみの原因から見ていくことにしましょう。

黒ずみの主な原因はお肌への刺激

黒ずみの主な原因は自分で行うワキ毛処理です。肌は刺激を感じることでメラニン色素を生成するようになっており、メラニンを含んだ肌細胞がターンオーバーによって肌表面まで上がることで黒ずんで見えるのです。

ワキは他の部位と比べてもデリケートな部位です。

少しの刺激にも反応しやすいので、黒ずみができやすい傾向にあります。実際にワキの黒ずみで悩んでいる人に共通しているのが、自分でワキ毛を処理していることです。

自分で処理をする際、面倒だからといって剃毛用のジェルを使わなかったり、手を抜いたりするとその分だけ肌への刺激は強まります。この間違った方法がワキを黒くしている大きな原因なのです。

肌への刺激を考えるのであれば、医療機関やエステサロンで脱毛処理をしてもらうのが安心ですね。

その他の刺激も黒ずみの原因に
ワキの黒ずみの主な原因は自分自身で行うワキ毛処理です。しかしそれ以外の刺激もワキを黒くしていることがあります。それが衣服との擦れで生じる摩擦も黒ずみの原因です。

衣服を着ているほとんどの場合、ワキは衣服と密着、もしくは非常に近い距離にあります。

少しでも動けば、ワキは衣服と擦れ、そこで生じた摩擦がワキへの刺激となってしまうのです。これが結果的にメラニン色素の生成に繋がるというわけです。

特に冬場であれば、空気の乾燥や衣服を重ね着するため、静電気が起きやすくなります。摩擦に静電気が加わることで肌への刺激も強くなってしまうのです。

夏場であれば、制汗剤を使用する機会が増えますが、これも肌には刺激の強いもののため、メラニンを生成してしまう原因の1つと言えるのです。

自宅でセルフケアできる光エステとは?
ワキ毛を処理したいけど、黒ずんでしまうから医療機関やエステサロンで処理してもらいたい、しかし、敷居が高くてなかなか行けないという人もいるでしょう。

そんな人たちのために、自宅でもサロンと同じ光でムダ毛処理をできるという製品があります。それが光エステです。

これはトリマー(除毛器)とフラッシュを発する機器が一体になったもので、カミソリや電気シェーバーよりも肌への負担が少なく、キレイに処理ができるものです。

サロンに行く時間がない人や経済的にサロン通いは厳しいという人にぴったりの方法です。

ただし、使用する際は肌へ刺激を与えないようにすることが大切です。いくらサロンと同じ方法といえど、プロが処理するわけではありませんので、エステなどの処理よりも刺激が強くなってしまう可能性がありますので、以下の点に注意して行いましょう。

使用する前は肌を温める

OK

光エステを使用する前にお湯で濡らしたタオルをワキに当て、しばらく待ちます。

こうすることで肌を柔らかくして毛穴を開き、ワキ毛が抜きやすくなるのです。

また、肌を温めることで、処理時の刺激を緩和してくれます。

処理後のケアはしっかりと

処理が終わったら、肌のケアを行ってください。コットンなどに冷水を含み、それをワキに当ててしばらく置いておきます。

こうすることで毛穴を閉じて皮脂や角質が毛穴の中に入らないようにするのです。

その後、乳液や保湿クリームなどをワキに塗って乾燥を防ぎます。ワキに乳液と思うかもしれませんが、ワキも顔と同じ肌です。

顔よりもワキの肌の方がデリケートですので、しっかりとケアをしてあげることがキレイなワキを作る秘訣なのです。

以上の点に気をつけて光エステを使用するようにしましょう。面倒だからといって手を抜いてしまうと、黒ずみは消えません。

重要なのは肌への刺激です。刺激を最大限減らして処理を行うようにしてください。

生活習慣の改善
ワキの黒ずみはする方法として、生活習慣の改善が挙げられます。一見何の関係もないように思えますが、黒ずんでしまうのも体から発しているサインの1つなのです。

自分自身での処理以外にも古くなった角質や皮脂がワキの毛穴に溜まることによって黒ずんでしまう場合があります。

これは肌のターンオーバーが乱れることで起こりやすくなります。

ターンオーバーを正常に戻るためにも食生活や生活のリズムを見直して、正常に戻していく必要があります。このように生活習慣を改善することも黒ずみを解消する方法の1つと言えます。

まとめ
このように、エステサロンには時間的にも金銭的にも通うのが難しいという人にお薦めなのが「光エステ」で、自宅でサロンと同じフラッシュ光を用いてワキ毛処理ができるため、人気沸騰中です。

ただし、光エステ使用時も肌への刺激を減らすよう心がけてください。

カミソリなどに比べると刺激は少ないですが、エステなどでプロにしてもらうわけではありませんので、きちんと処理前に肌を温め、処理後のケアをしっかりと行ってキレイなワキになりましょう。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因
黒ずみケアランキング