脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

脇の黒ずみの原因と解消方法について

薄着をした時にちらりと見えるワキは意外と見られているものです。

黒ずみの残る肌だとあまり良い印象を与えることはありませんよね。

ワキの黒ずみは適切なケアを続けていれば必ず治すことが可能ですので、夏本番を迎える前にはチェックするようにしましょう。

黒ずみの消し方や方法、原因と対処法を知ってぜひ役立ててください。

黒ずみができる2つの原因

肌に黒ずみができてしまう原因は色素沈着と毛穴の汚れの2つに大別することができます。

ワキのムダ毛処理にはカミソリなどを用いて剃るという方法や毛抜きを使って抜毛するという方法がありますが、これは肌に対して刺激を与えることにつながります。

剃毛や抜毛という方法は肌に刺激を与え、肌を守る働きをするメラニンを過剰に分泌させ、皮下に溜まったメラニンによって色素沈着引き起こされます。

これは肌ならばどこでも同じで、顔でも腕でも脚でも、そしてワキでも同様のことが言えます。

ワキは関節部分で汗や汚れが溜まりやすい部分ですが、さらにムダ毛処理によって毛穴の黒ずみをつくるリスクを高めている場所でもあります。

ムダ毛処理の方法を見直そう
肌にとってお薦めのムダ毛処理は、剃毛での処理です。

シェービングクリームを活用すれば、肌にかかる負担を最小限にとどめることが可能ですし、ムダ毛を剃った後のケアは処理方法以上に重要です。

顔の肌に美容液や乳液などの基礎化粧品を使用して保湿ケアをするのと同じように、ワキの場合にも充分に保湿してあげることが必要になります。

ケアの仕方次第で、皮膚が受けるダメージの回復時間を短縮することにもつながります。

ケアが間違っていれば、ダメージを受けたままやがて黒ずみが発生することにつながりますので注意が必要なのです。

基礎化粧品の正しい知識
化粧水や乳液、美容液といった基礎化粧品は、肌荒れを直接的に治療する効果はなく、肌の保湿を主な目的としています。

化粧品は肌の健康を保つために、間接的に効果を発揮するものです。

そもそも肌の健康は、古い皮膚と新しい皮膚が入れ替わることによって保たれており、この周期を基礎化粧品によって変えることは不可能です。

基礎化粧品にできることは、現在表面にある皮膚がトラブルによって早期に剥がれ落ち、未熟な皮膚が表面に露出してしまうことを防ぐということです。

極論を言ってしまうと、肌トラブルを治すためには、正常な皮膚がしっかりと肌の表面にまで出てくるまで待つしか無く、基礎化粧品はこのフローを手助けするに過ぎないということです。

黒ずみが治るまでにかかる時間は?
健康的な肌にするためには人間が持っている治癒力にかけるしかありません。

肌トラブルは新しい皮膚がしっかりと入れ替わることによって解消されるわけですので、この代謝活動にかかる時間こそが治療に要する時間となります。

ターンオーバーの期間は人によって異なり、早い人だと30日から40日程度、遅い人だと60日程かかることもあります。

つまり、黒ずみを治療するためにかかる時間は、大体1カ月から2カ月程度になります。この時間を目安にして治療を開始する必要があります。

6月の終わり頃から気候が暑くなりだすことを考えれば、4月上旬から5月の上旬あたりまでには意識して生活を送っていきたいところですね。

肌が黒ずんでしまう原因2つの原因

外部からの刺激によってメラニンが集中し、色素沈着を起こす
汚れが毛穴に詰まる

ワキの場合、特に注意しなければならないのはムダ毛処理によって刺激を与えてしまうことです。シェービングクリームを活用して、可能な限り肌へ負担をかけることは避けるようにしましょう。

また、ムダ毛処理後にはお肌ケアをしてあげることも重要です。保湿をして空気による刺激を最小限に抑えるようにしてください。

皮膚の入れ代わりには最低でも1カ月はかかりますから、肌の露出が始まる6月や7月の1カ月前にはこれらを意識して生活を送るようにしましょう。

対策は早ければ早いだけ安心ですから、少し不安な人は4月頃からケアをはじめることをお薦めします。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因