脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

産後の気になる脇の黒ずみの原因と対処法について

出産は女性にとって人生最大のイベント。感情も大きく揺れると同時に、本人も追いつくのがやっとなほどのスピードで身体も変化します。

そのような変化は、出産を終えた後も続きます。ワキをはじめ身体や顔に見られる黒ずみを経験している人も少なくないでしょう。

その原因は、ホルモンバランスの乱れ。胎盤から分泌されるホルモンが乱れているせいで、メラニン色素の生成も過剰になり、あっという間に黒ずみが悪化しているということもよくあります。

ホルモンの影響だけじゃない!
産後は休む間もなく、育児との奮闘が待っています。どうしても泣きやまなかったり、思うように母乳が出なかったりと、慣れない育児の中で、無意識のうちにストレスやイライラ、寝不足などが襲いかかることも。

そのような精神状態は新陳代謝を低下させます。すると、肌の代謝も遅れてメラニン色素の排出がうまくできず、みるみるうちに蓄積されて黒ずみが増しているというケースも考えられるのです。

産後の身体の悩み

体重はもちろん、体型やボディラインも変化する産後。それと同時に気になるワキの黒ずみや肌トラブルなど、産後の女性が抱える身体に関する悩みは尽きません。

産後に見られるワキの黒ずみや肌荒れ
女性ホルモンのバランスが乱れることで、たくさんのトラブルを引き起こします。

メラニン色素の分泌が活性化されることに加えて、代謝が低下して排出が不十分な状態であるため、ワキやデリケートゾーンといった、元々メラニン色素が増殖しやすい場所を筆頭に黒ずみが悪化していきます。

また、顔のシミやそばかすが増えやすくなるのも産後の傾向の一つ。さらに、ワキのプツプツや肌荒れなど、肌細胞に関係の深い女性ホルモンと代謝の乱れは、さまざまなトラブルの原因となります。

ストレスや考え過ぎが原因の場合も
だからと言って、黒ずみを気にしすぎていてはかえって逆効果です。産後はホルモンバランスが乱れてしまうことからは避けられません。

しかし一般的には、ホルモンバランスが正常に戻れば黒ずみやシミも自然と解消することが多くあります。

ストレスを感じるほど気にしていると、肌の再生力にも影響があるので気持ちにゆとりを持ってその時期を過ごすことが大切です。

また、この時期は肌も敏感になっているので、必要以上に強く洗浄したり角質ケアを行ったりしていると肌トラブルの原因に。

あまりにひどい場合は、自分で何とかしようとせずに早めに皮膚科に行くことをお薦めします。

一日でも早く黒ずみを治したい

「自然に解消されるまで待っているのがもどかしい!」、「放っておくとこのまま染みついてしまわないか不安」という方もいるでしょう。

そんな人にお薦めのお手入れ方法をご紹介します。

代謝アップを意識する

まず体温を上げることが基本です。そのためにはまず朝ごはんをしっかり食べて、基礎体温をきちんと保つように心掛けましょう。

また一日の始まりを身体に知らせるとともに、体内環境を整える効果もあります。甘いものや刺激物を控え、温かいものを摂るようするとより効果的です。

酵素を多く含む発酵食品や、母乳にも良い根菜などを積極的に食べるようにしましょう。

気分転換の時間を作る

af9930029422l24時間赤ちゃんと接していると、なかなか自分の時間が作れず気分転換ができません。

夫や親に協力してもらうのが理想ですが、難しい場合は、赤ちゃんが寝ている間に一緒に寝たり、読書をしたりと、気持ちを切り替えられるアイテムや習慣を用意しておくのがお薦めです。

わずかな時間でも自分の時間を確保することで、気分がスッキリしお肌にも有効です!

保湿・美白ケアを取り入れる

入浴後は、ワキや身体の気になる部分をしっかり保湿しましょう。十分な潤いを与えることで、新陳代謝を高め、ターンオーバーを促します。

また美白に有効なビタミンC誘導体などが配合されたスキンケアコスメもおすすめ。お散歩に行く時は、日焼け止めを忘れないようにしましょう。

ムダ毛は電気シェーバーで

ワキのムダ毛は、脱毛することが理想ですが育児中・授乳中はできません。カミソリや毛抜きは肌にダメージを与え、さらなる黒ずみのもととなるので、刺激の少ない電気シェーバーを使いましょう。

処理後はしっかりと保湿をするなどアフターケアも忘れずに行って下さい。

ビタミンEを摂取する

ビタミンEには、抗酸化作用の他に、血行促進や新陳代謝アップの効果もあります。ナッツ類は摂りすぎると高カロリーなので適度に摂り、保湿剤にアルガンオイルやアーモンドオイルを取り入れるのもお薦めです。

そもそもメラニンとホルモンの関係とは?
ホルモンバランスは体調の優れないときに乱れます。産後をはじめ、妊娠中や生理前などにもよく見られます。

つまり弱った状態にある身体を守ろうという指令が出され、それを受けて防御機能でもあるメラニン色素が産出されるというもの。

また女性ホルモンには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二つが挙げられますが、黄体ホルモンにはメラニン色素の働きを活発にするという作用もあります。

そのことからも、ホルモンとメラニン色素には密接な関係があると言えるでしょう。

ストレスはお肌の大敵
産後多くの女性は元の体型に戻そうという意識に加えて、育児や環境の変化によるストレスを抱えてしまいます。

生理的な産後の最長不良やホルモンバランスの乱れは、自然と改善されます。焦らずその時を待ちストレス緩和や簡単な肌ケアを心掛けましょう。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因