脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

なぜ妊娠中に脇の黒ずみや肌トラブルはひどくなるの?

妊娠中に女性の身体は大きく変化します。特に目につきやすいワキの黒ずみやデリケートゾーンのくすみなどが気になるという人も多いでしょう。

その原因はホルモンバランスの乱れによるもの。生理前などにも見られる体調不良も同様ですが、妊娠はホルモンの分泌量がより多くなり、その何倍もの影響力があります。

一般的には、20週を超えたあたりからホルモンの分泌量が急増。それにより、メラニン色素の生成も活性化され、黒ずみが目立つようになってきます。

黒ずみに影響を及ぼすホルモン
女性ホルモンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の二つがあります。妊娠中二つのホルモンはどちらも増加しますが、黒ずみに影響を与えているのは黄体ホルモン。

メラノサイトを刺激して、肌の防御機能をもつメラニン色素の生成を活発にします。また肌のターンオーバーも不順になってしまうため、蓄積され色素沈着しやすくなります。

ホルモンバランスと肌トラブル

黒ずみやシミ、くすみの原因であるメラニン色素。その産出量を左右する黄体ホルモンについてまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

黄体ホルモンの作用
黄体ホルモン(プロゲステロン)の最も重要な働きは、赤ちゃんを包む胎盤を作り子宮内の状態を整えるということ。

また流産を防いで赤ちゃんの形成と妊娠を継続させるために必要不可欠なものなのです。しかしその一方で、難しい面も持ち合わせています。

黄体ホルモンの性質を知り、ゆとりを持って妊娠中を過ごしましょう。

情緒不安定になる

黄体ホルモンは自律神経に作用します。そのため、イライラや鬱、感情の起伏が激しくなるなどの症状は避けられず理性でコントロールできないのも事実。

周りの人にも迷惑をかけますが、無理に貯め込もうとせず理解を得ることが大切です。

黒ずみやシミの増加

メラノサイトに刺激を送るため、メラニン色素の生成が活性化。ホルモンバランスの乱れからターンオーバーが低下している状態にもあるので、過剰なメラニン色素がどんどん蓄積されてしまいます。

しかし考え方を変えれば、メラニンには肌を守るという働きもあるため、デリケートになった肌に対応している証拠でもあるのです。

便秘

黄体ホルモンが増えることで、大腸の運動機能が低下します。また次第に大きくなるお腹に圧迫されたり、血液量の増加や羊水によって水分不足になったりすることも原因の一つ。

便秘になることで循環機能も低下し、肌荒れの原因にもなります。乳酸菌や食物繊維が豊富なものを中心にした食事や、掃除を兼ねた軽い運動、意識的な水分補給など、気軽にできる便秘対策を心掛けましょう。

妊娠中のワキの黒ずみは赤ちゃんのため?

日に日にひどくなるワキの黒ずみを心配する人もよく見受けられますが、妊娠中のホルモンバランスの変化によるものなので、何も異常なことではありません。

妊娠中の黒ずみは、いわば肌を強くするための母体に見られる自然現象です。一般的には出産を終え授乳を行う中で、自然と解消され正常の状態に戻っていくのでご安心を。

また、ワキに続いて乳首の黒ずみを気にする人も多いですが、それも授乳に備えてのことです。

特に乳首の黒ずみは、赤ちゃんが直接吸うのでその防御機能もより高く働いているためとも言われています。そう考えると、妊娠中の黒ずみがあまり気にならなくなりますね。

妊娠中気をつけること
妊娠中は肌がデリケートになっています。普段は何ともなくても肌を強くこすったり、引っ掻いたりすることで炎症や赤みを引き起こします。

メラニン色素ができやすいので炎症や肌への刺激はなるべく避けましょう。また外出するときは、紫外線ケアを忘れないように行うことも大切です。

さらに血流の流れをよくすることで肌も好調に。不足しやすい水分をしっかり補い血流を増やすために横たわるなど、簡単にできることから取り入れていきましょう。

妊娠中はどんな状態?
妊娠期間中およそ10カ月の間で、0.1mmほどだった受精卵は約3000gにまで成長します。その変化に伴って、母体も急激な変化を迎えるのが妊娠。

ホルモンの分泌量が増えるのと同時に、循環血液量も通常の1.5倍にまでなると言われています。目には見えませんが、身体内部は確実に変化しています。

その中で目につく肌や体型の変化はごく一部。妊娠期間中は第一にお腹の赤ちゃんの安全を考え、変化に負けない母体作りをすることが何より大切なのです。

変化に順応する母体
妊娠中は赤ちゃんの成長とともに母体もどんどん変化します。ホルモンバランスが乱れることで、ワキの黒ずみや肌トラブルが起こることも妊娠特有のもの。

そのことを知っておけば、不安にならず余裕を持って受け入れることができます。適切な対策を心掛け、限られた妊娠期間を有意義に過ごしましょう。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因
黒ずみケアランキング