脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

擦れや摩擦による脇の黒ずみを解消するポイント

ワキの黒ずみの原因はメラニン色素が沈着することですが、その原因の一つは、摩擦です。これはワキの下に刺激を与えることで、色素沈着を起こしてしまうのです。

あまりキツイ下着や体にフィットする服を避け、ムダ毛処理をする際のカミソリなどの摩擦が黒ずみに繋がらないように気を付けましょう。

さらに汗をかいた後に掻いたり、制汗剤を使いすぎたりしないことも、ワキの黒ずみ対策になります。

日常生活の中でワキの下への刺激は多い?
腕を上げたり、伸ばしたり、意外と腕を動かすことが多いもの。通常、袖のある服を着ていることが多いですから、腕を動かす度にワキの下服や肌に擦れ、摩擦を起こしてしまうのです。

日中はもちろん、夜も服を着ている人が多いので、ワキは常に刺激されていると言ってもいいでしょう。

さらにワキは脱毛する際にも刺激を受けていることが多く、カミソリなどによる摩擦がワキの黒ずみの原因にもあります。

擦れ・摩擦を防いで黒ずみ防止

日常生活でワキへの擦れや摩擦による刺激を与えないようにするには、どういった点に注意すればよいのでしょうか?

服装に配慮して予防

日常の中でワキに刺激を与えてしまうのは、キツイ下着やワキや腕にフィットする服です。

キツイものを着用し汗をかくと、擦れや摩擦を起こし肌に負担をかけ、かゆみなどに繋がります。我慢できずにかいてしまうと、皮膚を傷つけ色素沈着の原因を作ることになるのです。

体にフィットする服は見た目はカッコいいかもしれませんが、腕やワキに刺激を与えてしまうこともあります。毎日着るのではなく、着る回数を減らすようにしましょう。

脱毛は正しく行う

自分でワキの脱毛を行う際、黒ずみを作ってしまうこともあるので気をつけなければなりません。

特に毛抜きでの脱毛はキレイに処理できる方法でもありますが、生えている毛を無理やり抜くことなので、毛根や毛穴の周りを傷め色素沈着を起こしてしまうことがあります。できるだけ毛抜きでの脱毛はしない方がいいでしょう。

また、カミソリで処理をしている人も多いでしょう。

カミソリは肌に摩擦を与え、色素沈着の原因となります。きちんとクリームを塗り、肌を傷めないカミソリやシェーバーを使うことをオススメします。

肌にあうものを使う
肌に負担が少ないと言われている除毛クリームですが、肌に合っていないものを使うと、肌への刺激となりかゆみなどを引き起こします。

そのせいで擦ったり、かいたりすると皮膚を傷めて黒ずみができてしまうので注意しましょう。

除毛後はしっかり保湿
肌を乾燥させるとターンオーバーが乱れ、メラニン色素が排出されにくくなり、黒ずみができてしまうので、除毛クリームを使った後やカミソリで脱毛処理をした後は、保湿をすることを忘れないようにしましょう。

肌が刺激を受けやすい生理前や生理中は、脱毛を控えることも必要です。

制汗剤の使い過ぎ

汗やニオイ対策として制汗剤を使うことも多いですね。

しかし、量をつけすぎると粉などが残り擦れて脇への刺激となります。さらに汗と一緒になって雑菌が繁殖しやすくなり、かゆみや炎症を引き起こすこともあります。

制汗剤の使い過ぎには注意し、適量を使うようにしましょう。

また、繰り返し使う際には、脇の汗や肌に残っている制汗剤をアルコール除菌ができるシートなどを使ってキレイに拭いてから使うことをお薦めします。

擦れや摩擦による弊害

肌に合わないサイズや素材の服、擦れの原因となるようなキツイ下着や服は着ているとかゆみや炎症の原因になり黒ずみにつながります。

また、脱毛をする際のカミソリや除毛クリーム、ワックスなども肌の刺激になり、それがかゆみや炎症を起こすと肌が乾燥し、肌のバリア機能が低下し外部からの刺激に敏感になります。

汗や制汗剤なども刺激となって、肌が乾燥しターンオーバーが乱れ、色素沈着を引き起こすのです。

擦れや摩擦などの肌に刺激を与えないポイント
擦れや摩擦など、肌への刺激を与えないためには、キツイと感じる下着や服はできるだけ身に着けないようにすることです。

脱毛をする際には、肌の調子がいい時に、風邪をひいている時など体調不良のときや生理前や生理中など肌が敏感になっているときは、脱毛を控えるようにしましょう。また、肌を乾燥させないように、脱毛後はしっかりと保湿をすることも大切です。

制汗剤はつけすぎず、繰り返し使う際には、脇を清潔にしてからつけるようにしましょう。

日常生活の中で、擦れや摩擦を起こさないように配慮することで、脇の黒ずみを予防することができるでしょう。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因
黒ずみケアランキング