脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

女性ホルモンの変化による妊婦の脇の黒ずみの原因と対策

妊娠すると体にはさまざまな変化が現れます。中には人には言いにくいような体の変化も出てきます。

特に妊娠4週を過ぎる頃から乳首やワキの黒ずみが悪化することがあり、悩んでしまう人もいるでしょう。

妊婦のワキの黒ずみの対策としては、基本的なスキンケアをして肌を乾燥させないことです。そのうえで、肌に低刺激の美白成分を配合したクリームや美容液を使うといった方法があります。

出産後はだんだんと薄くなってくるので、その時期に対策を行うとより効果が期待できるでしょう。

妊娠時にワキの黒ずみが濃くなる原因
妊娠中にワキの黒ずみが悪化するのは、女性ホルモンのバランスが崩れるせいです。

女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの分泌が活発になり、メラノサイトを刺激し、肌の内部のメラニン色素を増やしてしまうのです。

そのため、妊婦の肌は色素沈着を起こしやすくなり、ワキの黒ずみも濃くなります。

妊婦のワキの黒ずみの原因は?

妊娠中のさまざまな体の変化の一つに、ワキの黒ずみがあります。その原因はどのようなものなのでしょうか?さらに対策はできるのでしょうか?

妊娠時の黒ずみの原因

妊婦にワキの黒ずみができる、悪化するというのは、女性ホルモンの変化が原因と言われています。

妊娠をするとプロゲステロンの分泌がさかんになります。プロゲステロンは胎児が成長しやすいように、子宮内の状態を整える役割をするものです。

エストロゲンは胎児の成長に合わせて子宮を大きくしたり、母乳の準備をするために乳腺を発達させたりという働きをします。

このように妊娠中は女性ホルモンの分泌が急激に増え、体にも影響を与えるのです。ワキの黒ずみができるのも、女性ホルモンの分泌が活発になるためです。

特にプロゲステロンはメラニンを生成するメラノサイトを刺激するとともに、紫外線への感受性が高いので色素沈着を起こしやすいのです。

そして、プロゲステロンの分泌も増加するので、ホルモンバランスが乱れメラノサイトが刺激されてしまいます。

ワキの下をはじめ、乳首や乳輪、外陰部などはメラニン色素が多いので、黒ずみが起こりやすいのはそのためです。

スキンケアで対策

妊婦のワキの黒ずみ対策としては、スキンケアをしっかりすることが大切です。

肌が敏感になる時期なので、あまり刺激のある化粧品を使わない方がいいでしょう。まずは化粧水と保湿ケアでワキの下を乾燥させないことが大事です。

その上で、美白成分が配合されたクリームなどを使いましょう。肌が敏感になっている状態なので、肌に刺激の少ないアルブチンやビタミンC誘導体などの美白成分が配合されたものでの対策をお薦めします。

妊娠中のレーザー治療
気になるからといっても、妊娠中はレーザー治療などを行うことはできません。

ワキの黒ずみにレーザーを照射しても胎児に必ずしも悪影響を与えるとは言えませんが、治療をする際の緊張が肌への刺激がストレスとなってしまうこともあるからです。

生活習慣における対策

af9920063658l妊婦のワキの黒ずみの原因であるメラニン色素を増やさないためには、食生活での対策も必要です。ビタミンCを含む野菜や果物を積極的に食事に取り入れましょう。

新陳代謝を促すためにも、十分な睡眠と適度な運動が必要です。マタニティビクスなどに通うのもいいですし、無理をしない程度にウォーキングをするのもお薦めです。

また、紫外線を受けると色素沈着が悪化してしまうので、紫外線に当たらないようにしましょう。

妊婦の美白ケアは刺激に注意を
妊婦は肌が敏感になっています。そのため、肌に刺激のある成分は肌を乾燥させ、肌トラブルの原因になります。その結果、ワキの黒ずみを悪化させてしまうことになります。

妊娠中は肌に優しい成分が配合された化粧品を使うようにしましょう。

妊娠中のワキの黒ずみは、女性ホルモンの分泌が活性化することで、この変化は妊娠においては重要なことで避けることができないため、ワキの黒ずみができ、悪化してしまうのは仕方のないことです。

あまり気にしすぎるとストレスになって胎児に悪い影響を与えてしまうので、気にしないようにしましょう。出産後は、ワキの黒ずみも落ち着いてくるので、その時期に美白ケアを行うと効果が期待できるでしょう。

あまり気にしすぎないこと

妊婦のワキの黒ずみの原因は、女性ホルモンの分泌が急激に増えることで、メラノサイトが刺激されてしまうことです。

特にワキの下はメラニン色素が多いので、ワキの黒ずみもできやすくなります。

対策としては水分補給と保湿、といった基本的なスキンケアをすることです。その上で肌に低刺激の美白化粧品を使い、美白ケアをするといいでしょう。

また、ビタミンCを多く含む野菜や果物をたくさん摂り、十分な睡眠と適度な運動をするといった生活を心がけることも、ワキの黒ずみを予防・改善する対策となります。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因