脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

脇の黒ずみをキレイにするにはどんな方法が効果的?

キレイなお肌を保つためにていねにムダ毛処理をする方も多いと思います。

しかし、ちょっと待ってください。気を付けないとムダ毛処理がワキに黒ずみを作ってしまう原因になるかもしれません。

もしも黒ずみが慢性的になってしまった場合には、キレイな状態へ治すために時間がかかってしまいますので、まずは自己処理を行う段階で黒ずみを作らないのが大切です。

そこで、いま黒ずみに悩んでいる方がどのようなケアをしていけば良いのか、ご紹介していきます。

効果的なムダ毛処理が重要

ワキに黒ずみができてしまう原因はいくつかありますが、中でも最も注意するべきなのが、ムダ毛処理の仕方です。

処理をする際には、おおよそ毛を抜くか剃るかのどちらかになると思いますが、黒ずみが発生しにくいのは剃る方法です。

毛抜きを使用して一本一本抜いていく方法は、毛母細胞を破壊して再び毛が生えなくなる可能性があるというメリットがある一方で、他の皮下組織を傷つけてしまうというデメリットがあります。

皮膚の中が傷ついてしまうと、炎症が発生し黒ずみの原因となるメラニンが発生しやすくなります。そのため抜毛はお薦めできないのです。

それでは、剃毛の場合はどうでしょうか?こちらの場合には、剃り方次第で誰でも肌の組織を傷つけることなく処理を行うことが可能で、皮膚の炎症が起きる可能性が低く、したがって黒ずみが発生する可能性も低くなります。

とはいえ、剃毛の場合でも剃ったままケアもせずに放置していると、肌トラブルの原因になりますので充分なケアは必要になります。

シェービングクリームや保湿クリーム、化粧水などを上手に使って肌を保護するようにしましょう。

刺激を与えてはいけない

黒ずみだけでなく、肌トラブルを改善するためには、肌が受ける刺激を最小限にとどめることが重要です。刺激を与えてしまうと、患部が更に悪化してしまう可能性があります。

かゆいから手で掻く、熱いお湯を患部にあてる、乾燥した空気をあてる、衣擦れによる摩擦などなど無意識にしていることにも落とし穴が。

特に注目したいのが乾燥です。乾燥した空気が肌にあたると皮膚も潤いを失ってしまい、これもまた患部の悪化につながります。

お肌ケアが基本的に保湿ケアであることは、こういった理由があるわけですね。

ピーリングはリスクが高い?
肌の黒ずみを解消する方法として、最近注目を集めているケミカルピーリングは、肌のターンオーバーを無理やり促す方法です。

古い角質を取り除くこの方法にはリスクもあります。ゴミを取り除く代わりに、未熟な肌が露出してしまう可能性があるという点です。

肌には外部からの刺激から体を守るバリア機能がありますが、未熟な肌はこの能力が乏しいために、場合によってはピーリング前より患部を悪化させてしまう可能性があります。

クエン酸ピーリングなどのように個人で行うこともできますが、一人で行うのはお薦めできません。万全を期すためにも、必ず皮膚科の先生と相談した上で行うようにしてください。

ターンオーバーは生活習慣が関係

肌の入れ替え、ターンオーバーには周期があり、これにかかる時間には個人差があります。

最短の場合で20日程度、長い人だと1周期に2カ月もの時間を要することもあります。

肌トラブルは新たに健康な肌が表面まで出てくることによって治癒しますので、この時間を考慮すれば、ケアを行い始めて最低でも1カ月程度は様子を見る必要があります。

また、ターンオーバーは日頃の生活習慣に大きく左右される点も、しっかりとおさえておきたいところです。

充分な睡眠時間とバランスの良い食事は体を健康に保つために必要なだけでなく、キレイな肌を保つためにも重要となりますので注意してください。

生活習慣の改善という面からアドバイスをするならば、眠る時間帯に気を配ることが特にお薦めです。

夜の10時から深夜2時までの4時間は美容のゴールデンタイムとも呼ばれる時間帯です。この時間帯での睡眠は、皮膚の成長及び修復をしてくれる成長ホルモンが最も分泌されます。

そのため、ワキの黒ずみを治すのには、この時間帯での睡眠は必要不可欠となります。

このように、生活習慣を改善することによって自然治癒力を向上させることができますので、何から始めて良いか分からない方は、まずは自らの生活習慣を見直すところから始めてみることをおすすめいたします。

まとめ
ワキをきれいにするには、まずは生活習慣が重要です。偏食や睡眠時間には常日頃より気を付けお肌のターンオーバーが円滑に行われるように、環境を整えていきましょう。

そして次に重要なのがムダ毛処理の仕方とお肌ケアの方法です。クリームや美容液、乳液、化粧水などを効果的に活用して、肌を保護するように心がけるようにしましょう。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因