脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

遺伝による脇の黒ずみはあるのか?

af9920042222l

一般的にワキの黒ずみは、たび重なる無駄毛の自己処理や、毛穴の汚れが十分に洗浄できていない状態、乾燥といった生活習慣などが原因で引き起こるとされています。

黒ずみはなかなか取れずいため試行錯誤しているという人も多いでしょう。

長年にわたり、ワキの黒ずみに悩んでいるという人は、生まれつきの体質や遺伝が関係している場合もあるかもしれません。

原因が遺伝や生まれつきか、そうでないかを見分けることは難しいですが、もし家族に同じような症状が見られる場合は、その可能性も考えられます。

遺伝による地黒の確率

特に日本人の場合、肌の色が遺伝する確率は高く自分の親だけでなく祖父母の代による隔世遺伝の場合もあります。例えば、ひときわ色白の人や地黒の人は生まれもった体内のメラニンの量に違いがあります。

極端に色の白い人は、髪の毛や瞳の色も茶色く、一方で地黒の人の多くは、黒髪で瞳の色も漆黒であることが多いでしょう。

それに伴い、ワキの黒ずみも、色白の人に比べれば、地黒の人の方が多いと予想できます。

だからと言って「体質だから改善の余地はない」と諦めることはありません!予防やケアを行うことで、症状は改善され、自然な肌色を手にすることができます。

そのためには、体質によるワキが黒ずむ仕組みを知り、適正な方法で対処することが大切です。

どうして地黒肌だとワキが黒ずむ?
地黒肌の黒さの原因はメラニン。生まれつき地黒肌という人は、体内のメラニン量や、新たに生成される量が比較的多いのです。

黒ずみはメラニン色素が終結してできるものなので、地黒肌の人は、ワキの黒ずみも起きやすい体質だと言えるでしょう。遺伝的要素の強い肌の色。

兄弟や親子で肌の質感が似ているのと同じようにメラニン色素を生み出しやすい体質も遺伝する場合が多くあります。

色黒だと紫外線に強い
美白志向が高まっている今、多くの女性が白く透き通った肌を理想としています。また「秋田美人」などと言われてきたように、肌が白いことが美人の条件とされる風潮があります。

しかし地黒肌は悪いことばかりではありません。メラニンを多く含む肌は、紫外線の防御力が強く受けるダメージも少なく済みます。

また肌のバリアが強いので、丈夫で傷の修復力も強いというメリットがあります。

本来の肌色に近づける改善法

考える女性肌の色は生まれもったものなので、それ以上白くすることはできません。

独自の肌の色は、ダメージの少ないおしりの色や頭皮の日焼けしていない部分が目安。

ワキの黒ずみは、それ以上に黒いケースがほとんどです。目標である自信の肌色に少しでも近づけるための方法をまとめました。

刺激を避ける

摩擦や刺激はメラニンの生成を促すもので地黒肌の人は、その影響も顕著に表われます。カミソリや毛抜きを使った無駄毛の処理は、黒ずみの大きな原因。

サロンやクリニックでの脱毛がベストですが、自宅で行う際はせめて電気シェーバーを使用するようにしましょう。

また刺激を与える衣類や不潔な状態は避け、制汗剤の使用もなるべく抑えることが大切です。

毛抜きでのムダ毛処理は脇の黒ずみの原因に

ビタミンCが含まれる商品

ビタミンには抗酸化作用があり、その働きでメラニンの生成を抑える効果が期待できます。

肌に浸透しやすく改良されたビタミンC誘導体を取り入れることで、色素沈着を防ぎ、美白効果を発揮するというもの。

パウダータイプで購入できるので、化粧水を手作りするのもお薦めです。

有効な食べ物を摂取する

ビタミンCは外側からだけでなく、内側に取り込むことも大切です。抗酸化作用は、メラニンを生成する活性酸素を除去します。

それらの成分が多く含まれる食品は、美白効果も期待できるので、積極的に摂取しましょう。

一例として、美白食材の代表格であるトマトや、抗酸化作用の強いアスタキサンチンを含む鮭やイクラ、エビなどが挙げられます。

他にも食卓に並べやすい夏野菜としてピーマンやゴーヤ、きゅうり、モロヘイヤなども効果的です。ハウス栽培されたものより、有効成分を多く含む、その時期の旬な食材を選びましょう。

まとめ
遺伝や生まれつきの体質で、肌の色が黒く局部的に黒ずみがちな人もいます。しかしワキが黒ずむ根本の原因は、毛穴の汚れやメラニンの色素沈着ということに変わりはありません。

メラニンの生成を抑えることに注意して、日頃の手入れをしっかり行えば、本来の肌の色を取り戻すことはできます。

いつも以上に泡立てて洗ってみたり、美白に有効な食材を取り入れてみたりすることで、身体の肌色と差がないワキ色へと改善されるでしょう。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因