脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

皮脂や角質、垢などが脇の黒ずみの原因に

ワキの黒ずみは女性にとって大きな悩みの1つです。

夏場になると肌の露出が増えるためワキを見られることもありますが、黒ずみがあると好きな洋服も着られませんよね。

そんな女性の大敵であるワキの黒ずみは、メラニン色素の定着以外にも皮脂や古い角質が毛穴に溜まることによっても起こります。

ここでは、原因のひとつとして“汗”に注目してご紹介していきます。

汗の放置は黒ずみの原因に

ワキの黒ずみの大きな原因はメラニン色素の定着と言われていますが、もう1つの原因が皮脂や角質が詰まることによって起こす場合です。

ワキは肘裏や膝裏と違い蒸れやすい部位ですが、衣服を着ていればさらに蒸れやすくなります。

一度汗をかいたらすぐに拭かずに時間が経ってしまう方もいるかもしれませんが、そのまま放置していると汗と一緒に分泌された皮脂が毛穴に溜まってしまい蓄積されていきます。

また、ワキもその他の部位と同様、新しい肌細胞が生成されており、古くなった角質は垢となって表皮から離れるわけですが、新陳代謝が乱れたりすると古い角質が剥がれなくなります。

剥がれない古い角質は、衣服との擦れなどにより毛穴に溜まっていき結果的にワキが黒ずんでしまうのです。

応急処置!ワキ用ファンデーション
黒ずみに悩んでいる人の中には、ファンデーションを使ってでも黒ずみを目立たなくするという人もいるようですが、これは毛穴に溜まった皮脂や角質の上からファンデーションで蓋をするような状態になります。

緊急なとき以外は黒ずみがひどくなる場合もあるので、なるべくやめましょう。

汗をかいたら、その都度拭き取るように心がけ、古い角質もとってあげるのがお薦めです。

脇の黒ずみをファンデーションで隠すのは良いの?

関節の内側は念入りに

古い角質や皮脂=垢は、ワキの黒ずみや匂いの原因となるので、除去したいと思うのは誰しも同じです。

特にワキなど関節の内側部分は垢や汚れが溜まりやすいので、念入りに洗う必要があるでしょう。

しかし、だからと言ってゴシゴシと力強く洗ったり、垢すりやスクラブ入りのボディーソープを使用したりすると、反対にワキを傷つけてしまい、余計に黒ずんでしまう可能性があります。

黒ずむだけでなく炎症を引き起こしてしまう可能性もあるので、注意しましょう。

擦りすぎは注意!
古い角質は、通常通り湯船に浸かったり、柔らかいタオルなどで洗ったりすれば、それだけである程度は取れるものです。

湯船に浸かってから角質が取れやすくなるまではおおよそ20〜30分ほど。湯船に浸かっている時間がそれより短い方は、なるべく30分以上浸かるようにしましょう。(のぼせやすい方は注意してくださいね)

また、必要に応じて日頃の生活習慣を見直すことも大切です。古い角質などは、正常な肌のターンオーバー(新陳代謝)であれば、勝手に剥がれ落ちるのですが、ターンオーバーが乱れてしまうと、剥がれ落ちにくくなってしまいます。

ターンオーバーが乱れる主な原因が食生活の乱れや生活リズムの乱れです。特に食事において必要な栄養素が不足していると、ターンオーバーが乱れやすくなります。

このターンオーバーに欠かせない栄養素として、ビタミンE、ビタミンC、コラーゲンが挙げられますので下記のような食べ物に気を配ってみてください。

ビタミンE・・・大豆やレバー、アーモンド
ビタミンC・・・レモンやグレープフルーツ、人参など
コラーゲン・・・豚肉やサバ、鮭、きな粉など

大豆イソフラボンの働きで脇の黒ずみが解消される?

これらの栄養素を含んだ上でバランスのとれた食事をするように心がけてください。そして、睡眠不足もターンオーバーの乱れを引き起こす間接的な原因です。

夜更かしは避けて6時間以上の睡眠をとり、規則正しい生活リズムを身につけるようにしましょう。

まとめ
ワキも顔や頭皮と同じ肌です。そのため、日頃からのケアが重要です。夏場は制汗剤を使用する回数が増えますが、肌にとっては刺激になるため、できれば使用を控えたいものです。

しかし、匂いも気になるため、全く使わないことはできません。そこで、使用回数をなるべく控えるようにしましょう。

また、なかなか乾燥しにくい部位ではありますが、乾燥しているなと感じたら定期的に乳液や保湿クリームを塗って肌を乾燥から守ってください。

新陳代謝を正常に戻すためにも必要に応じて生活習慣を見直しましょう。新陳代謝が活発になれば肌表面の古い角質と共に明るいお肌が戻ってくるようになります。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因
黒ずみケアランキング