脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

スクラブで脇の黒ずみを治すことが出来る?

近年、洗顔料やボディーソープとして高い人気の「スクラブ」ですが、本来の性質は研磨剤のようなもので、樹脂や種子などの細かい粒子を加えてあります。

この細かい粒子が、肌のこまやかなところまで入り込み、古くなった角質や汚れを取り除いてくれるためよりすべすべした美しい肌を取り戻せます。

このスクラブをうまく活用して、ワキの下の黒ずみも解消しましょう。

スクラブでワキの下の黒ずみが解消できる理由は?
毛穴に残ってしまった汚れや、詰まってしまった皮脂をなくし透明感のある素肌を作っていくのがスクラブの目的です。

逆に言えば、毛穴に残ってしまった皮脂や汚れ、酸化して肌の表面が黒ずんでしまうように見えるのです。酸化してしまった汚れは頑固で、ただこすっただけで簡単に落とせるものではありません。

そのため、非常に細かい粒子を使ったスクラブで洗うことが、黒ずみを解消するための近道となります。

ワキの下ほどではなくても、顔にも汗をかきやすいところ、化粧品や汚れがたまりやすいところや黒ずみが気になってしまうところがあるからです。

全体的なくすみを解消する力もあるので、薄着をしたいシーズンにはぴったりの解消方法です。

スクラブで黒ずみケアが出来る理由

脇の黒ずみとスクラブの関係

ワキの下の黒ずみ、と一口に言っても、実は二つのタイプがあります。ひとつがワキの毛穴そのものが目立ってしまっているタイプ。

そしてもうひとつが、ワキの下部分の皮膚が全体的に黒ずんで見えてしまっているタイプです。もちろん、この二つの混合タイプの可能性もあります。

全体的に黒ずんで見えてしまっているけれど、毛穴自体も目立ってしまっているという人も少なくありません。

そして当然ながら、それぞれ原因が違っているので適しているケア方法も変わってきます。原因が皮脂や汚れが詰まってしまっている場合は、スクラブを使ったケアは非常に有効になってきます。

ワキの下の毛穴は広く深いので、皮脂や汚れは非常に詰まりやすくなっており古い角質層がなかなかターンオーバーしにくいポイントでもあるのです。

メラニン色素の沈着を防ぐ

ワキの脱毛を、毛抜きで行っている方もいると思います。

ワキ部分は皮膚が他のパーツよりも非常に弱く、その一方で毛はとても深いためダメージの比率がとても高くなります。

毛を引き抜いたことで刺激が与えられ、肌の炎症を引き起こし色素沈着を起こして黒ずみに繋がっていくケースは非常に多くなっています。

加えて、毛抜きのケアは埋没毛を多く生み出してしまう危険性もあります。

中の毛が皮膚を押し上げることで、ぶつぶつとした黒ずみに繋がってしまうからです。

カミソリを使用した脱毛でもダメージは大きいです。脱毛方法によってはカミソリで肌が傷つけられて小さな傷がたくさんできてしまう場合があります。

小さなものなので、大した痛みはないと思って油断してしまう人も多いのですが、実はその傷が炎症を起こして、最終的には色素沈着に繋がってしまうことも多いのです。

色素沈着の要素をしっかり洗い落とすために、スクラブはうまく活用していきたいところですね。

黒ずみに効くスクラブケア

例えば、埋没毛を解消したいのであれば、古い角質を落としていくことが大切です。

自然に皮膚の外に埋没毛を出すのであれば、オリーブオイルと塩を合わせてスクラブを作り、蒸しタオルと合わせてワキの皮膚ケアをすると良いでしょう。

また、スクラブを使用する際は、力を入れないように洗い、泡を丁寧に洗い流して保湿ケアをすることも忘れずに。

洗顔料やボディーソープなど、市販品のスクラブ製品を使用してケアを進める場合でも同様です。

ワキの下の黒ずみが出来てしまう理由とは?
脱毛処理によるダメージは、ワキの下の黒ずみと深い関係があります。カミソリによる処理は、皮膚を傷つけてしまいます。

乾燥したままの脱毛は行わず、脱毛クリームを使用して終了後の保湿ケアもしっかりするようにしてください。

毛抜きを使ったケアであれば、一度開いた毛穴に皮脂や汚れが詰まらないようにしましょう。

クリームやパウダーのケアは効果的ですが、それが毛穴に詰まってしまって逆にマイナス作用に至ってしまわないように注意してくださいね。

美白基礎化粧品やピーリングも、適宜組み合わせてみてください。

スクラブを使ってなめらかな肌に
スクラブのケアは、ワキの下の黒ずみを根本から解決していけるものです。非常に有効でかつ肌に優しく経済的な負担も少なくて済むタイプです。

これらのメリットをうまく活かして、美しい肌にしましょう。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因