脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

脇の黒ずみを解消するスキンケア方法

imasia_360740_M

メラニンの色素沈着や皮脂や毛穴の汚れによって、ワキの下が黒ずんでしまうことがあります。

ただ単に石鹸で洗っても落ちるタイプの汚れではありませんから、薄着の多いシーズンは特に気になってしまうでしょう。

水着やノースリーブを楽しく着用するためにも、ワキの下の黒ずみはしっかり解消しておきたいところですよね。そのためには、あなたにぴったりのスキンケア方法を見つけ出すことが大切です。

ワキの下の黒ずみを解決できるスキンケアとは?
肌の黒ずみの原因によって、有効なスキンケア方法は変わってきます。原因がひとつだけとは限りませんから、幅広く、的確なアプローチをしていけるのが理想であると言えるでしょう。

美白系の化粧品やスキンケアアイテムは、利用しやすいアイテムのひとつです。ピンポイントで働きかけることが出来るため、時間や手間を短縮したい人におすすめです。

また、美白のエステサロンなどを利用するのもお薦めですね。ワキの下の黒ずみに特化したコースなどを試してみるのも良いでしょう。

脱毛サロンを利用している人であれば、スキンケアコースを合わせて選択するのも良いですね。

黒ずみの原因と対処方法について

どうしてワキの下の黒ずみが出てしまうのか?
ワキの下のデリケートな皮膚が黒ずんでしまう原因は、大きく二つに分類することが出来ます。

ひとつは、メラニン色素の沈着によるものです。「メラノサイト」と呼ばれる細胞があるのですが、これが肌の刺激に対して防御反応を起こすのです。

ワキの下は汗腺が多く汗をかきやすい部分です。暑いシーズンなどは特に気になりますし、毛抜きやカミソリのような物理的な刺激も多いです。

肌を守るために太く深い毛が生えやすくなりますから、当然メラニン色素も沈着しやすくなってしまうというわけなのです。

さらに、これに加えて、皮脂や古い角質の詰まりも挙げられます。

毛穴に詰まったこれらの汚れは、肌の正常なターンオーバーを妨げてしまいますから、黒ずみに繋がってしまうのです。

強い刺激はNGですからワキの下を洗うときは、必要以上に強くこすらないようにしましょう。石鹸のつけすぎも避けたいところですね。

清潔に保つために、洗い残しがないようにしましょう。

黒ずみに効くスキンケア成分

美白に働きかけることが出来る成分は、ワキの下の黒ずみにも有効なことが多いです。色素沈着に働きかける効果が期待できるからです。

「ハイドロキノン」は、耳にしたことがある人も多いでしょう。メラニン色素を作る酵素であるチロシナーゼを抑制することが出来るのです。

低濃度配合の化粧品を利用するほか、皮膚科で処方してもらうことが可能です。

また、「トレチノイン酸」も有名です。メラニン色素を肌の深層から引き出して、新陳代謝の促進をしてくれ、ピーリング効果がとても高いことで知られています。

さらに「ルミキシルペプチド」は、肌に優しいタンパク質です。
キメを整えながら黒ずみを解消していくことが出来るので、より美しい肌を目指したい人にもおすすめです。

ビタミンCが重要なカギ

「ビタミンC誘導体」は、スキンケアには欠かせない成分として知られていますよね。これは、ワキの下の黒ずみ解消においても同じことです。

その名前の通り、「ビタミンC」が肌に浸透しやすくなるよう、安定させたものを言います。化粧水などでも美白成分を兼ね揃えたものは、この誘導体を豊富に含ませているものが多いですね。

肌に吸収されたあと酵素反応によってビタミンCに変化するため、メラニンの生成を抑え色素沈着を防ぐことが出来るのです。

化粧品は成分が調整されていますが、基本的に刺激が強い物質なので同時に保湿を行っていくことが大切です。

黒ずみ対策は肌への刺激を抑えることが重要
ワキの下の黒ずみと、切っても切れない関係にあるのは「脱毛」です。特に、セルフケアをしている人はしっかりチェックしておきたいところです。

毛抜きやカミソリなどそれぞれ方法は異なると思いますが、自宅ケアをするとどうしても肌への負担が大きくなってしまいます。

肌の傷みは肌の健康を損なうことに繋がりますし、毛の埋没は黒ずみの一因にもなりかねません。

毛抜きを使う場合は蒸しタオルなどで一度毛穴を開いたあと、できるだけ肌への負担を少なく脱毛出来るようにしましょう。

終わったあとはアイスケアなどで、毛穴を閉めることも重要ですね。カミソリを使用する場合は、肌ケアも同時に行えるものを選びましょう。

クリームなどを使用して脱毛を行い、終了後の保湿やケアも忘れないようにしてください。

毎日続けるスキンケアが鍵
ワキの下の黒ずみは、一朝一夕に解消できるものではありません。いくつかの要因がありますから、まずはその原因を取り除きながらケアも同時に進めていくのが良いでしょう。

脱毛や制汗にも気を付けながら、美白成分をうまく取り入れていきましょう。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因