脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

脇の黒ずみ解消に効果のある重曹の使用頻度は?

重曹はキッチンの油汚れや鍋の焦げなど、汚れを浮かしてキレイにするという働きがあります。

そのため重曹でワキを洗うと、毛穴に詰まった汚れを取り除くとともに、古い角質を取り肌の新陳代謝を促してくれます。結果ワキの黒ずみの解消が期待できます。

しかし、肌に刺激を与えることもあるので、回数が多いと肌を傷めてしまいます。月に1~2回程度を目安に行うといいでしょう。

重曹でワキの黒ずみが解消されるのはなぜ?
スクラブ効果があり、毛穴の汚れや厚くなった角質を除去する働きがある重曹は、肌の新陳代謝を高め、メラニン色素の排出を促します。

重曹は洗浄力が高く、余分な角質を取り除いてくれるのがメリットですが、その分、肌に対する刺激も強くなります。

重曹でのケアをし過ぎると、必要な角質や皮脂まで取り除いてしまうので、頻度は肌質や肌の調子に合わせて行うことが必要です。

重曹を使ってケアする際の注意

重曹を使ってワキの黒ずみを解消するには、頻度にも注意が必要です。

重曹が黒ずみを解消する理由

重曹がワキの黒ずみを解消する理由は、古くなった角質を取り除くピーリング効果が期待できると言われているからです。

通常正常な肌は28日周期で基底層から生まれた表皮細胞が角化し、角質細胞になって表面に押し出され、垢となってはがれていきます。

これを肌のターンオーバーと言い、健康な肌は表皮細胞が絶えず生まれかわっているので、必要のないメラニン色素も一緒に排出され、黒ずみやシミなどにならずにすみます。

しかし、加齢や紫外線、生活習慣、スキンケアなどが原因で肌のターンオーバーに時間がかかるようになると、角質層が厚くなり黒ずみもできやすくなります。

肌のターンオーバーを正常にするには、厚くなってしまった角質を取り除いてあげることが必要で重曹にはその働きがあるのです。

効果的だからこその注意点
ピーリングは肌の新陳代謝を促すためには必要なケアですが、やりすぎると必要な角質や皮脂まで取り除くことになり、肌が乾燥しやすくなり、肌トラブルを起こしやすくなります。

重曹を使ったスキンケアは頻繁に行わない方がいいでしょう。

肌にとって刺激の強い成分が含まれているため、炎症が起きたり、症状の悪化の可能性があるので、扱いには注意が必要です。

使用頻度が高いとどうなる?

重曹は食品添加物としても使われ、温泉の成分として入浴剤などにも使われたりしているように、人体に悪影響を与えるものではありません。もちろん、ワキの下に使っても大丈夫なものです。

しかし重曹はクレンザーの代わりに使われるものですから、その洗浄力は強いものです。

通常の重曹は粒子も大きく、スキンケアとして使うと摩擦を起こし、炎症の原因となることもあります。摩擦は肌への色素沈着を起こし、黒ずみとなってしまうので注意が必要です。

重曹を使ったスキンケアは頻度を落として使うようにしましょう。

適切な重曹の使用頻度とは?

肌へのピーリングは肌の健康な人でも週に1回程度が望ましいと言われています。角質がそれほど気にならない方は、月に1回程度のケアでも十分です。

特に重曹の洗浄力は肌には刺激になります。

ワキに黒ずみがある状態というのは、肌のターンオーバーが遅れている、肌が乾燥している、といったことが考えられるので、肌への刺激はよくありません。

重曹を使ったケアはワキの黒ずみには効果がありますが、頻度を考えて行うことが必要です。

普通の肌の人でも多くて月に2回程度、肌が弱い人であれば、月に1回程度が望ましいでしょう。

洗浄力の強い重曹
重曹は鍋の焦げ落としとして、また歯磨き粉などにも含まれるほど洗浄力の強いものです。

タンパク質を分解する力もあるので、角質を溶かすピーリング作用もあると言われています。余分な皮脂を落とし、厚くなった角質をケアする重曹は肌に刺激となることがあります。

洗浄力は高いのですが、粒子が肌を傷めるという可能性もあります。高い洗浄力と角質ケアの効果はあると言われていますが、使い過ぎには注意が必要です。

ケアは肌の調子を見ながら使う

重曹はピーリング効果があり、洗浄力も強いことで余分な皮脂や毛穴の汚れを取り除き厚くなった角質をケアし、ワキの黒ずみを解消してくれるものです。

しかし使用頻度が高いと肌への刺激となりえるので、使い過ぎには注意をしなければなりません。

通常は月に1~2回を目安として使うといいとされていますが、肌が敏感な時には、月に1回程度行い、肌の様子を確認しながらケアをしていきましょう。

また、肌が弱い人は重曹の量をあまり多く使わないようにし、ケアをした後は、肌が乾燥しないようにしっかりと保湿をすることも大切です。

ピーリングは、黒ずみに効果があるとされるケアの方法の1つにすぎません。一番重要なのは保湿を怠らないことなので、やはり専門サロンや専用商品をお試し頂くのが一番の近道です。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因