脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

ひどい脇の黒ずみを治すのに役立つ3つのケア方法

ワキのひどい黒ずみは、効果の高いケア方法でしっかりと除去しましょう。

毎日のケアだけでは効果が感じられないというひどい黒ずみは、長年の蓄積で改善しにくい状態になっている可能性があります。

しっかりとケアをして肌の状態を整えつつ、定期的に集中ケアをしてメリハリを持った攻撃で黒ずみの元を打ち崩します。

治りにくい黒ずみのもとは、肌の奥の方にあります。奥まで浸透させることもケアに重要です。

毛汚れとメラニンは根こそぎスッキリと
ワキの黒ずみの原因となる毛穴汚れとメラニンは、元からすっきりと絶つことが大切です。

毛穴の汚れは普段のケアから、そしてメラニンの除去は集中的なケアで効果的に行います。

元からすっきりとなくすことで、肌を整えて健康にし黒ずみができにくい体を作ることにもつながります。

黒ずみの日常ケアと徹底ケア

ワキの黒ずみの2大原因は、毛穴汚れと肌の奥のメラニンです。日常的なケアと徹底的な集中ケアでバランスよくどちらも解消していくことが効果的です。

ひどい黒ずみは毛穴から

まず、比較的目立ちやすい毛穴の汚れから考えていきましょう。毛穴のポツポツした黒ずみは、毛穴に皮脂が詰まってできた角栓です。

角栓は、毛穴から出てきた皮脂が固まってできます。その過程で汚れなどに触れ酸化して黒くなっていきます。

ワキの毛穴に残った角栓が原因
ワキの黒ずみは毛穴からしっかりと汚れを落とすことができずに残ってしまうことが原因です。

毎日の積み重ねで溜まった皮脂と汚れは角栓となり、取れにくくなります。日々の入浴で、その日の汚れと皮脂はその日のうちに洗い流して、清潔にしておきましょう。

ただし、洗い過ぎで乾燥させないように優しく洗い流すことと、洗った後に保湿することも忘れないようにしましょう。

角栓を作らない食事
角栓の正体は体の中から肌の表面に浮き出てくる脂です。体の中から出てくるということは、もともとは体の中に摂取したものであるということです。

体は必要な分の栄養を取ってしまうと、その残りを排出しようとします。尿や便などで出ることもありますが、汗や皮脂として肌に出る分もかなり多いものです。

余分なエネルギーを取らない、脂肪分を過剰に取らない食事を心がけることも大切です。汗を出したり、血液の循環を良くしたりするために水分もきちんと取りましょう。

色素が沈着した黒ずみ

肌の奥に沈着したひどい黒ずみは、肌の奥まで届くケアで浸透させましょう。

表面だけに塗るローションなどでは効かないひどい黒ずみは、美容機器を使うことも必要かもしれません。

色素沈着はイオンケア
表皮ではなく、真皮まで到達してしまったダメージやメラニンに美容成分を届けるためには、イオン導入による浸透が効果的です。美白に有効な成分をイオン化して肌の奥にグングン引き入れられるようにして補給します。

また、イオンの力で、深い汚れを除去する導出ケアもあります。美容機器の効果を適宜利用して、集中的にケアをしましょう。

ひどい黒ずみは解消できる

ワキのひどい黒ずみを効果的に解消するためには、多少強力なケアを試みることもあります。

ただし、これらのケアは肌に刺激を与えることもあり、余計に黒ずみが悪化することもあるので注意が必要です。

乾燥で傷んだ肌や敏感肌の人は、皮膚科などで相談の上で実行したほうが安心です。

角質や角栓を残さない
毛穴の角栓や古い角質が固まった、日常ケアや洗浄などでは落ちにくく取れにくい状態の角質を、ピーリングは一気にはがし、新陳代謝を助けてくれます。

また、トレチノインという成分も黒ずみのもとであるメラニンの排出を促進させてくれます。

ハイドロキノンで徹底ケア
ハイドロキノンはメラニンを作りにくくする他、消す効果が期待できる新しい美容成分です。

メラニンを作りにくくするため、肌が刺激から弱くなるというデメリットもありますが、黒ずみの元になるメラニンに直接働きかけるので高い効果が期待できます。

日常のケアをコツコツと

ひどい黒ずみが目立つという人は、日常のケアだけでは、改善しにくくなっているかもしれません。

ワキは日常的に摩擦やムダ毛処理などで刺激の多い場所です。そのため、適切なケアをしてやらないと、どんどんひどくなる可能性を持っています。

ひどくなった黒ずみのケアは、こつこつと日常のケアを続けつつも、時には集中して徹底ケアで強力にアプローチしてやると効果的です。

緩急つけた二つのケアでバランスよく肌を守りつつ、黒ずみを改善していくことが効果的です。

黒ずみを諦めないために
ワキのひどい黒ずみはなかなか治りにくいものですが、ケアをし続けることで肌が元気を取り戻して少しずつでも改善することができます。

また、しっかりと美白成分を届かせるために美容機器を使ったり、成分を変えたりなどの工夫も必要です。清潔を心がけ、健やかな肌を作りましょう。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因
黒ずみケアランキング