脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

オリーブオイルは脇の黒ずみ解消に役立つ?

オリーブオイル

ヘルシー食材として注目されているオリーブオイル。普段からドレッシングやパスタといった料理に使っているという人は多いと思います。

実はオリーブオイルは、食用としてだけでなくワキの黒ずみ対策など美容面でも活躍します。

黒ずみの原因の一つとして毛穴に詰まった皮脂汚れが考えられますが、オリーブオイルを使った皮脂汚れ対策のひとつをご紹介します。

皮脂の汚れに有効!

毛穴の汚れが蓄積することでワキ全体が黒くなってしまいますが、厄介なことに一度黒ずむとなかなか落ちません。

そこで、この汚れを取り除くためにオリーブオイルを使ったマッサージが有効的です。実際に、メイク落としにオリーブオイルを使っているという声も耳にします。

化粧品に含まれる油脂とオリーブオイルが結びつくことで、メイクや汚れを落とす効果があるということ。

黒ずみは1~2回行っただけ目に見えるような効果を感じられませんが、メイクが落ちるということは、長い目で見れば皮脂汚れによるワキの黒ずみにも効果があると言えるでしょう。

同様に、小鼻の角栓や毛穴のケア、シャンプー前のヘッドスパなどに使っているという人もいます。

皮脂の除去を目的とするなら、いろいろな部位の美容に使えるということですね。

オリーブオイルを使ったケアの仕方
用意するのはオリーブオイルだけ。特別な道具などは必要なく、お風呂で簡単にできるのでぜひお試しください。

オリーブオイルは食用で

一般的に入手できるオリーブオイルは、「エキストラバージン」と「ピュアオリーブオイル」の2種類。「エキストラバージン」は果実を搾ったものが中心で、低酸度で上質なもの。そのレベルによっては高級なものもあります。

一方、「ピュアオリーブオイル」は品質には劣りますが、手頃な価格が魅力です。肌につけるものなので、品質も重視したいし、コストも抑えたいところ。そんな人は、あまり高価ではない「エキストラバージン」を選んではいかがでしょうか?

お風呂でマッサージ

まずは湯船にゆっくり浸かりましょう。ストレスの緩和や疲労回復に効果があります。しっかりと身体を温めてから、手のひらに適量を取り、ワキを優しくマッサージします。

毛穴に溜まった汚れを浮き出すように、十分肌に馴染ませていきましょう。オリーブオイルには、血行促進効果もあるので、次第に温かくなっていくのが分かるでしょう。

保湿も忘れずに

オリーブオイルの主成分であるオレイン酸は、皮膚にとって大切な成分です。マッサージすることで皮膚に必要な量は吸収され保湿効果を発揮しますが、表面に残った余分なオイルはやさしく拭き取りましょう。

あとは石鹸やボディソープで普段通りに洗い流すだけ。お風呂上がりは保湿効果を保つために化粧水やローション、乳液などを塗ることが大切です。

どの程度の効果が期待できる?
1日分のメイクを落とすのと違って、汚れによるワキの黒ずみの場合は、長年にわたって蓄積されたもの。

数回行っただけでは、目に見えるほどの効果を実感することは困難です。毎日の手入れを積み重ねることによって、肌に少しずつ変化が現れてくるでしょう。

オリーブオイルは医薬品や美白商品ではありません。また、そのようなものでも即効性があるものは少ないでしょう。

肌ケアの基本は、自分に合ったものを繰り返し行うこと。毛穴の奥に詰まった汚れを少しずつ除去し、黒ずみを解消するために、日々根気よく続けることが大切です。

しかし、少しでも早く解消したいからと言って、長時間付けたまま放置したり、力任せに塗り込んだり、必要以上の量を使ったりするのはよくありません。

マッサージ時間は片方20秒以内が目安です。ワキはしっかりと温め毛穴が開いていると、そのくらいでも十分効果が期待できます。

また垂れるほどの量を使っても、吸収される量に変わりはないので、もったいないだけ。手のひらからこぼれない程度の適量を使いましょう。効果を高めるためには、時間や力ではなく、やはり毎日の積み重ねなのです。

時間を短くしたいという人は、入浴前に蒸しタオルを使ってワキを温めマッサージしておくと良いですね。

入浴は通常通り行い、石鹸やボディソープで身体を洗い流して、保湿を施せばお手入れ完了。この方法は、見たいテレビがあるときなどにも使えますよ。

まとめ
肌に優しくコスパも優秀なオリーブオイル使ったケアの最大の良さは、肌に優しいこと。食用であるオリーブオイルは、石油系界面活性剤の心配がなく、肌にも低刺激です。

ワキは皮膚が薄く敏感な場所。人によってはボディクリームなどが肌に合わず、ワキがかぶれたり痒くなったりすることもありますが、オリーブオイルなら安心して使えます。

また家にあるもので代用できるという手軽さも嬉しいところ。高価なマッサージクリームを買う必要もなく、身近なスーパーで手に入ります。

ワキの肌色を明るくするためには、気長に続けることと負担にならないものを使うことが長続きのコツです。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因
黒ずみケアランキング