脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

脇に黒ずみができたらどんなケアをすれば良い?

せっかくキレイに見せるためにムダ毛処理をしても、お肌に透明感がなければもったいないですよね。

ワキを魅せるファッションも楽しめないですし、アウトドアのシーズンも思う存分楽しめなくなってしまいます。

日ごろからお肌ケアをきちんとしてしてキレイなワキを目ざしていきましょう。

ここでは、ふだんできるケア方法についてご紹介してみたいと思います。

黒ずみを予防するケア方法

キレイなワキに仕上げるためには、まずは黒ずみを作らないことが大切です。黒ずみが発生してしまう原因は、肌が刺激を受け過ぎてしまうことにあります。

ワキはムダ毛が生えてくる度に処理を行う必要があり、他の箇所と比べてもムダ毛処理をする回数も多くなりがちな部位ではあります。

でもワキの肌は薄いため脱毛時にダメージを受けやすいので、処理をする際には注意が必要となります。ワキの黒ずみを予防するためには、まずムダ毛処理の仕方に気を付けましょう。

ムダ毛処理の注意点

ムダ毛処理の方法の中には、脱毛サロン等でフラッシュ脱毛やレーザー脱毛を行うという方法もあります。

最も一般的なのはセルフケアとしてシェーバーかカミソリを用いて剃るという方法か、毛抜きを使って1本ずつ抜いていくという方法になります。

さて、この2つの内どちらが良いのでしょうか?

抜毛の方は毛を抜く際に毛母細胞も一緒に破壊する可能性があり、その部分に再び毛が生えてこなくなるというメリットがあります。

しかし、こちらは毛母細胞以外にもダメージを与えてしまう可能性があり、内出血などを引き起こしてしまう恐れもあります。

このように抜毛は黒ずみの原因になりますので、このデメリットを考慮するならば剃っていく方が無難です。

一番良いのはサロン等で専門家によって施術してもらう方法なのですが、こちらはお金がかかる上、施術が完了するまでには長い時間を要することになります。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛をする場合には、長い目で見て判断して申し込みをすることをお薦めします。

黒ずみは1度できてしまうと治るまでに1カ月程、あるいはそれ以上の時間が治療に必要となることがあります。

また、加齢により回復に時間がかかることもありますので、まずは黒ずみができないように日頃から注意してケアをしましょう。

保湿を徹底すべし

薬用の基礎化粧品以外の、一般的な化粧品には黒ずみを直接治す力はありません。基礎化粧品に含まれるのは肌を保護するための成分ですので、外部から受ける刺激から肌を守ってくれることになります。

黒ずみは刺激を受けると悪化、もしくは治りが遅くなってしまうので、その点から考えれば基礎化粧品は悪化を防ぐための物と言えます。

ですので、できればシミや黒ずみの改善効果が期待できる薬用の基礎化粧品を使用してケアをしていくのがお薦めです。

必要なのは、肌が受けることになる刺激を日常生活からできるだけ排除してあげること。

お肌ケアの基本となるのは後者の保湿方法となりますので、まずはこちらから意識してケアをしていくと良いでしょう。

脇の黒ずみ対策に化粧水を効果的に使おう

体の内側から治していきましょう
いくら良い基礎化粧品を使用したところで、生活習慣が悪ければその努力も台なしに。

また、お肌は食事によって摂取した栄養素によって作られますので、偏った食事をしているといくらケアをしてもキレイなお肌は手に入りません。

そして、睡眠時間も重要です。お肌の修復をしてくれる成長ホルモンは、睡眠中にのみ分泌される成分です。

よく寝ていないと、黒ずみの修復がなかなか行われないことになりますので、しっかりと眠るようにしましょう。

まとめ
成長ホルモンの話は、ワキの黒ずみができてしまうことを予防するためにも重要です。

まだ黒ずみにならないような黒ずみの初期段階ならば、薬用基礎化粧品に頼らずとも、生活習慣とお肌ケアをしっかりと行えばすぐに治すことが可能です。

悪化してしまった後になってから治そうと動き出すと、キレイなお肌になるためには1カ月程度の時間が必要になりますので注意してください。夏のイベントに間に合わない、なんてことにはならないようにしてくださいね。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因