脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

脇の黒ずみを気にせずウェディングドレスを着る

人生の中でも、最も華やかなイベントのうちに数えられる結婚式。大事な式ですから一番綺麗な自分でいたいと思うのはあたりまえです。

しかし「ウェディングドレスの袖から黒ずみが見えたらどうしよう…」と、ブーケトスやキャンドルサービス、ファーストバイトなど腕を上げる演出も多く、袖のないドレスが主流の為、お悩みの方もいるのでは?

また、結婚式の写真は一生もの。意外なアングルから撮影されて気にしているところが写ってしまう場合があるかもしれません。結婚式までの対策法、当日の対処法はどうすればいいのでしょうか?

ブライダルエステを利用

キレイな花嫁を目指すのに、ピッタリなプランを提案してくれるブライダルエステではワキを始めとした体の気になる黒ずみのケアも行ってもらえます。

「挙式まで時間がないけれど、エステに通うのならそれなりの期間がかかるのでは?」と思っている方でも、エステサロンと相談することで短期プランを組んでもらうことが出来ます。

その場合は、いくつかのメニューからケアするポイントを絞り込んでエステを行うことになるので、ワキの黒ずみを解消したいことについて、担当者にしっかりと伝えてケアしてもらいましょう。

美容皮膚科でも相談できる

エステサロンではマッサージも同時に行ってもらえて、精神的にもリラックスとリフレッシュができますが、「黒ずみ対策だけを行いたい」という方は美容皮膚科(美容クリニック)に相談するのが良いでしょう。

エステサロンと同様に、悩みや挙式までの期間に合わせて美白やピーリングなどのメニューを提案してもらえます。

ひとつ注意しておきたいのは、イボや湿疹などの治療をする通常の皮膚科とは違い、美容皮膚科では施術費用のほとんどに国民健康保険が適応されず、自費となります。エステサロンとどちらが良いかなどは、予算に合わせて考えると良いでしょう。

ドレスのデザインを工夫

挙式まで時間がない場合や、エステサロンや美容皮膚科に通うには予算の都合上厳しいという方は、気になる部分をカバーしてくれるウェディングドレスを選ぶのもひとつの方法です。

ミドルスリーブもしくはロングスリーブのドレスを選んだり、ショールやボレロ、ケープを羽織ると上手くワキの黒ずみも隠すことが出来ます。

ウェディングドレスと聞くと肩や背中とワキまわりが開いたものを思い浮かべる人も多いかもしれません。

しかし、スリーブつきのドレスにもデコルテを見せながらワキを隠せるものや、逆に肩まわりから覆うタイプのもの、袖の部分が総レースでできているものなど、様々なデザインがあります。

こうしたドレスは大人っぽい印象で、露出が少ないためにシックで上品な雰囲気の花嫁になることが出来ます。

ショールやボレロ、ケープを使用する場合も、それらのデザインによって可愛らしさや大人っぽさを引き出せるので、自分の魅力を輝かせてくれるウェディングドレスや自分らしいスタイルを選びたい方にもオススメです。

式場のプランナーやドレスのレンタル店舗へ、自分の好みと悩みに合ったドレスを着られるように相談してみましょう。

黒ずみ対策コスメを活用

ブライダルエステや美容皮膚科に行く時間や余裕がない、でもウェディングドレスは少し露出の多いデザインを選びたい。

今すぐできる対策はないの?そんな方にはコスメで黒ずみを隠す方法がお薦めです。ワキをキレイに見せるための専用のファンデーションも現在は販売されています。

ワキは擦れたり汗をかいたりしてファンデーションがヨレやすい部分なので、ウォータープルーフタイプのファンデーションの上からパウダーをはたくなどの工夫をすると良いでしょう。

結婚式や披露宴の場合は華やかな席なので、キラキラしたラメ入りのパウダーを使っても、光の加減と合わさって黒ずみが目立ちにくくなり効果的です。

有効な時間が限られているため、お色直しの時などにファンデーションがキレイに塗れているかをチェックして気をつける必要はありますが、即効性があり手軽に使える方法です。

脇の黒ずみをファンデーションで隠すのは良いの?

日頃のケアも重要
ここまで、ワキの黒ずみを取り除いたり隠したりする方法をご紹介してきましたが、そもそもワキの黒ずみはなぜ起こってしまうのでしょうか?

その原因のひとつに、ワキの下は擦れやすく傷や乾燥でメラニン色素の沈着を起こしやすい場所である”ということが挙げられます。

カミソリや毛抜きを使って脱毛ケアをしている方は、処理をする時に皮膚に小さな傷がついてしまいます。

また、ワキは腕を動かした時に肌同士が擦れたり、服と肌が擦れたりしやすく、その傷が増えて悪化しやすいのです。さらに、肌が乾燥するとそうした傷はより付きやすくなります。

そうした刺激によってメラニン色素の沈着が起きると、黒ずみが進行してしまうのです。

こうしたサイクルを断ち切るためには、普段からワキには余計な刺激を与えず、しっかりと保湿ケアをすることが大切なのです。

まとめ
結婚式でワキの黒ずみを気にせずウェディングドレスを着るためには、普段から保湿ケアを行い時間に余裕を持ってエステサロンや美容皮膚科に通うと確実です。しかし、時間や予算の都合でその全てをこなせない場合もあります。

ワキ用ファンデーションの使用やワキが見えないデザインのドレスを選ぶなど、式当日すぐに使える方法もあるので、自分に合った対策を考えてみましょう。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因