脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

オロナインは脇の黒ずみに効果があるのか?

様々な皮膚トラブルに効果を発揮するオロナイン。ほとんどの人が使用した経験があるでしょう。

その効能は「にきび・吹き出物・はたけ・やけど(かるいもの)・ひび・しもやけ・あかぎれ・きず」など、その他多数挙げられています。

配合成分クロルヘキシジングルコン酸塩には殺菌作用があり、にきびや傷の炎症を抑える効果があります。軟膏タイプの場合は、傷口が空気に触れないように保護する役割も。

ステロイドは入っていないので湿疹や虫さされには効果がなく、副作用もあるので注意が必要です。

こうして効能を考えると、外傷や皮膚疾病に対して治療を行う外用薬であるオロナインには、ワキの黒ずみを白く明るくする効果はないようです。

しかしその一方で「炎症を抑える」、「殺菌効果がある」といった効能は、ワキの黒ずみに対して有効な働きをしてくれそうです。

オロナインに黒ずみを治す効果はあるのか?
ハッキリといえば、オロナインはワキの黒ずみを解消する効果があるのではなく、原因となる要素を排除して、未然に防ぐ効果があるということが言えるでしょう。

皮膚が柔らかく敏感であるワキは、ムダ毛を処理した際などの細かい傷からばい菌が入りやすい状態で、人によっては吹き出物ができたりかぶれたりしやすい部位です。

吹き出物やにきびは、ひどくなると化膿して傷跡が残り、黒ずみの原因になります。

またカミソリや毛抜きによるムダ毛処理を行うことで、肌にダメージを与え、炎症や色素沈着で黒ずみになってしまうこともありますので必要や症状に応じて、オロナインを使いましょう。

ワキの黒ずみを予防するためには、あらゆる肌トラブルを重症化させず、速やかに治すことが大切です。

オロナインで肌の状態を改善

一度黒ずんだワキは、医療レーザー治療などを施さない限り、短時間で改善されることは難しいため日頃から手入れや予防のためのケアを心掛けましょう。オロナインの特徴を活かした使い方をご紹介します。

余分な皮脂や汚れを除去

脇のニオイの原因入浴前に、ワキにオロナインを塗っておきます。半身浴でワキが濡れないように注意して、毛穴が開くようにしっかり温まりましょう。そのあとは軽くシャワーで洗い流し、いつも通りに身体を洗います。

オロナインに含まれるオリーブオイルが汚れを吸着するので、毛穴の洗浄に効果的です。お風呂から出たら、保湿を十分に行いましょう。半身浴が難しい場合は、蒸しタオルなどでワキを温めると良いでしょう。

炎症は速やかに抑える

自分でムダ毛処理をする場合、カミソリや毛抜きなどを使うことで、どうしても肌の表面を傷つけてしまいます。処理後に赤くプツプツなるのは、炎症を起こして毛穴に負担がかかっている証拠。

そのままにしておくと、色素沈着や黒ずみへと変化してしまいます。カミソリや毛抜きを使った後は、オロナインを塗って炎症を鎮めましょう。

保湿剤としても使える

オロナインは、保湿剤代わりに使うこともできます。少量の水を混ぜて薄いクリーム状にし、入浴後の保湿ケアに使ってみて下さい。毛穴をきれいにする相乗効果も期待でき一石二鳥です。

まとめ
愛用者も多いオロナイン。家庭の薬箱に入っている身近な薬を使って、ワキの黒ずみをケアするのも一つの方法です。

黒ずみに直接の効果があるわけではありませんが、原因となるものを排除するためには有効的です。

黒ずみは一度ついてしまうと、解消するまでに時間と労力を要します。また意識していないと、どんどん悪化する厄介もの。

なるべく、そうならないように普段から汚れや保湿に心掛けた生活を送りましょう。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因