脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

海で水着になっても後悔しないための脇の黒ずみ対策

ダイエットをして理想的な体型は手に入れられても、ワキの黒ずみにはなかなか満足いくケアができなかったという声も良く耳にします。

たび重なるムダ毛の自己処理から、炎症を繰り返すことで色素沈着を起こしたり、余分な皮脂や汚れが毛穴に蓄積したりすることで、ワキは次第に黒ずんでいくもの。

一度なった黒ずみはなかなか落ちず、放っておくと黒く悪化していきます。海で楽しく過ごすためにも、普段からワキの黒ずみに注意しましょう。

どんなシーンで見られている?
「ワキは閉じてれば大丈夫!」と思う人も少なくないのではないでしょうか?ワキの黒ずみは、知らず知らずのうちにチェックされているもの。

油断は禁物です!ではどんなシチュエーションで見られることが多いか確認しておきましょう。

・ビーチバレー
ワキを露出する代表格であるスポーツ。特にビーチバレーはボールをトスしたり、サーブしたりするときに、大きく腕を動かすので、ワキが見られることは容易に想像がつきます。ワキに自信がないと、なかなかプレーに集中できませんよね。
・SNSの投稿写真
SNSの利用者が多い最近では、投稿用に写真を撮る機会も増えてきました。友達同士で海に行くと、広い海をバックに、記念撮影をすることもよくあります。

つい開放的なポーズをとってしまうと、投稿後に見直したときにワキの黒ずみを晒していることも。黒ずみがなければそんな心配も必要ありません。

・バーベキュー
バーベキューも夏の醍醐味!男女ともに協力し合って作業することが多いと思いますが、その際にちらっとワキが見えてしまうこともあります。

お肉を焼くときや、飲み物をクーラーボックスから取り出すときなど、無防備なときこそ要注意です。

普段からお手入れをしましょう

忙しい毎日を送っていると、カラダのチェックを細かくするのが難しくいつの間にか黒ずみになっていたなんてこともあり得ます。

そのままの状態で放置しておくと、どんどん悪化してしまいますが習慣的に手入れを行うだけでも改善は見られます。

手入れといっても、難しいことはありません。お風呂での5~10分、意識を向けてワキの洗浄やマッサージを行いましょう。

ワキの黒ずみの原因は、毛穴の汚れや、皮膚の炎症がもたらす色素沈着です。しっかり洗浄し、スクラブマッサージなどを行えば、ほとんどの汚れは除去できます。

さらに週1~2回程度のペースで、美白パックやピーリングなどを行えば、少しずつ肌に変化が見られることでしょう。

ちなみに、黒ずみの解消を目的とした専用スキンケアを使ってみるのもおすすめです!

ムダ毛に関して、「剃る」、「抜く」といった自己処理は、肌や毛穴を傷つけてしまい、炎症を招きます。

自己処理を行う場合は、ダメージの少ない電気シェーバーを使用し、極力サロンやクリニックで脱毛を行うことをおすすめします。

保湿の大切さ
乾燥は肌トラブルのもと。顔の乾燥には危機感が強く、化粧水やローションなどで保湿を習慣づけている人も多いですが、ワキが乾燥状態になっていることに気付かない人は意外と多いです。

乾燥していると、肌は外部からの刺激を強く受けるため、皮膚が厚くなりくすみの原因になったりします。

またうるおいが足りていないと、汚れや皮脂が毛穴にこびりつき、洗ったりマッサージしたりしても汚れがなかなかキレイになりません。

入浴後はしっかりと保湿することが大切です。特に自己処理後は、肌もダメージを受けているので、より入念に行うように心掛けましょう。

まとめ
気付いてないようで自然と目が行ってしまうのがワキの黒ずみ。特に海では晒されるシーンも多く、自信がないと消極的になってしまいがち。せっかく海に来たのなら、思いっきり楽しみたいですよね!

ワキの黒ずみは女性の悩みのもとですが、難しく考える必要はありません。5~10分の簡単なケアを日常的に行うことで、少しずつ改善されます。

最高の夏の思い出を作るためにも、普段からワキの手入れを心掛けましょう。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因
黒ずみケアランキング