脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

脇の黒ずみ解消に効く自宅でのセルフケア3つ

夏が近づくと、ダイエットやムダ毛と同じくらい気になるのがワキの黒ずみ。

薄着の時期になるとイベント事も増え、水着やノースリーブになるなどワキを露出することに抵抗がある人も多いはず。

また育児や仕事で忙しい毎日を過ごしていると、自分の身体のケアは二の次となったりと、満足な手入れを行えていないという人も少なくありません。

ワキの黒ずみは、長年にわたる皮脂や汚れの蓄積や、肌ダメージや炎症が招くメラニン色素の沈着が原因です。一度なった黒ずみはしつこく、短期間で落とすことは難しいでしょう。

しかし、あきらめることはありません。ここでは、お肌をキレイにするために毎日できるお手入方法をいくつかご紹介してみます。

おすすめの解消法

ワキの黒ずみを解消する方法は実にさまざま。自宅にあるものを使った解消法や、顔用スキンケアを代用するものなどアイデア次第で無数にあります。

また最近では技術の進歩によって、高い効果が期待できる商品や、美しくなるための治療なども充実しています。その中からおすすめの方法を選んでまとめてみました。

自宅編
お風呂でマッサージ
なにはともあれ黒ずみの解消にはマッサージが大切です。マッサージを行うときのコツはしっかり温まることと、その後の保湿を忘れないようにすること。

汚れや老廃物を排出することが目的なので、使うものはスクラブ効果のある塩や、汚れを浮き立たせるオリーブオイルなどがおすすめです。

いつもの石鹸をよく泡立てたものに、塩をひとつまみ入れるだけでも洗浄効果はアップ。軽く水気を拭き取り、クレンジングオイルでマッサージするのも有効的。

ただし長時間の放置ややりすぎは肌への負担になるので、適度に行いましょう。

黒ずみ専用スキンケアを使ってみる
「夏までにキレイにしたい!」など目標のタイミングがある人は、専用のスキンケア商品を使ってみることをおすすめします。

ワキだけでなく、ビキニラインやひじなど全身に使えるものだと、一度にお手入れできて効率的ですね。

黒ずみの解消に有効な成分が重点的に配合されてあり、少しでも早く効果を出したいという人にはいいですね。

お風呂上がりに塗るだけのジェル状のものや、ボディソープタイプのものなど種類も豊富。

口コミやレビューをチェックしてみるのも一つの手です。お得なまとめ買いや定期購買の設定がある商品もありますが、自分の肌に合うかどうか分からないので、まずは一つ使ってみるといいかもしれませんね。

美白パック
週に1~2回のスペシャルケアにおすすめしたいのが、顔用の美白パックです。お風呂でしっかり汚れを落としたら、肌があたたかいうちにパックします。

乾燥するまでが少し大変ですが、仕上がりは毛穴やキメが引き締まっているのを実感できるでしょう。

「良さそうだけどやっぱりもったいない」と感じる人は、小麦粉を適量の水で溶いた「小麦粉パック」はいかがですか?

コストも低く、小麦粉の吸引力による汚れの除去で、美白効果も期待できます。

クリニック編
ケミカルピーリング
薬品の力で、肌の表面を剥がれやすくし、ターンオーバーの正常化を目的としたもの。薬品にはグリコール酸というフルーツ由来の成分が使われることが一般的です。

皮膚のより深いところに作用する乳酸と併用すると、さらに高い色素沈着の改善や美白に効くと言われています。

脱毛
レーザー脱毛や光脱毛、フラッシュ脱毛はワキの黒ずみや色素沈着の解消に一役買っています。

脱毛の光線は毛根を死滅させるだけでなく、皮膚下のメラニンを撃退し、黒ずみや色素沈着を薄くするという特性も兼ね揃えているもの。脱毛と美肌効果を一度に手に入れられる方法です。

普段の生活で注意すること
黒ずんでしまう前に、予防することが大切ですが、せめて現状が悪化しないように普段から心掛けましょう。

清潔に保つ
ワキは洋服の摩擦を受け、構造的にも籠りやすい部位です。汗でベタベタした不潔な状態だと、細菌がつきやすく、黒ずみの原因となる炎症を引き起こしかねません。

肌が直接触れる衣類は清潔にし、こまめに汗を拭いて通気性を良くしておきましょう。

保湿は大事
肌の乾燥も黒ずみの要因の一つ。お風呂上がりはしっかりと保湿をしましょう。化粧水などをコットンに湿らせパッティングし、乾燥する季節な乳液やクリームなどをプラスすると安心です。

力任せな自己処理はやめる
カミソリや毛抜きでの自己処理は肌を傷つけ危険です。脱毛に行くのがベストですが、自分でしたい人は電気シェーバーを使いましょう。

まとめ
黒ずみは、一度出来てしまうとなかなか取りずらいため、衛生状態や脱毛方法など、日頃の心掛けと予防対策が大切です。

だからと言って、出来てしまった黒ずみを断念することはありません。いろいろな方法を試したり、コストや手間を考慮したりして長く続けられるものを選びましょう。

日々の努力を積み重ねて、自慢できるキレイなワキを手に入れて下さいね!

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因
黒ずみケアランキング