脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

大豆イソフラボンの働きで脇の黒ずみが解消される?

大豆イソフラボンで黒ずみ対策

ワキの黒ずみの予防や改善には、日ごろからの丁寧なケアが大切です。

「イソフラボン」はスキンケア商品などに含まれている良く知られた成分で、ワキの黒ずみの予防・解消に効果があるとされています。

ではどのようにケアに活かせば良いのでしょうか?

ここでは、イソフラボンがどのようにして黒ずみに働きかけ、効果を発揮していくのかを見てみましょう。

黒ずみにはターンオーバーが関係

お肌のシミやワキの黒ずみが起こる大きな原因のひとつは、肌にメラニン色素が沈着することです。

肌が紫外線や摩擦といった外部からの刺激を受けると、防御反応が起こって皮膚の表皮にあるメラノサイト(メラニン形成細胞)でメラニン色素が作られます。

日焼けした肌は、生成されたメラニン色素が皮膚の表面に集まっている状態なので、肌が受ける紫外線量や刺激が少なくなると、通常であればメラニン色素は体外に排泄され肌は元の色に戻ります。

しかし、肌の新陳代謝、いわゆる「ターンオーバー」のサイクルが乱れるとメラニン色素は排泄されずに皮膚に残り、どんどん蓄積されてしまいます。

このターンオーバーはストレス、食生活や生活習慣の乱れなどによってサイクルが変化してしまうのですが、そうした原因のひとつに女性ホルモンの不足とホルモンバランスの乱れも挙げられるのをご存知でしたか?

女性ホルモンと肌の機能
女性ホルモンは、皮膚のうるおいや健康を保つコラーゲンや、ヒアルロン酸の生成を活発化させる働きを持っています。

加齢やストレスなどによって女性ホルモンの分泌が少なくなると、コラーゲンやヒアルロン酸も減少して、肌の乾燥やシワを招きます。

お肌が乾燥していると外部からの刺激によるダメージを受けやすくなり、メラニン色素の生成も活発になりますし、ターンオーバーが上手くいっていないため色素も蓄積して沈着してしまうのです。

逆に言えば、女性ホルモンが増えてホルモンバランスが整うと、コラーゲンやヒアルロン酸が生成されて肌がうるおい、肌の防御機能が向上します。

それと同時にターンオーバーのサイクルが整い、表皮にあるメラニン色素をきちんと排泄してくれるため、美白につながるというわけです。

イソフラボンの働き

イソフラボンは豆類のほとんどに含まれており、特に大豆はイソフラボンを多く含有する食品として有名です。

このイソフラボンは女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」の受容体に作用して、エストロゲンと同じ働きをしてくれるとされています。

そのため、乳がんや子宮がんといった女性特有の病気のリスクを軽減したり、ホルモンバランスを整えて健康な状態に保つのを補助したりする効果があるのです。

ホルモンバランスが整えば肌のターンオーバーも正常なサイクルになり、古い角質を取り除いて肌を生まれ変わらせる働きが促されます。

同時にイソフラボンは女性ホルモンと同じように、コラーゲンやヒアルロン酸の生成促進に作用するので、肌のバリア機能が強化されて刺激から皮膚を守れるようになる効果があるのです。

女性ホルモンの働きで黒ずみを防ぐ
性別にかかわらず、人間の体内では男性ホルモンと女性ホルモンが分泌されています。男性ホルモンのひとつである「アンドロゲン」の影響を強く受けると、体毛は濃くなります。

女性でムダ毛に悩んでいる人は、このアンドロゲンの分泌が関係しているのです。

一方、女性ホルモンのエストロゲンは体毛を抑制する作用を持っています。つまり、エストロゲンと似た働きをするイソフラボンにはムダ毛を抑える効果があるのです。

ワキのムダ毛を処理する時にカミソリや毛抜きを使うと、肌に摩擦や刺激が与えられるため黒ずみの原因になってしまいます。

しかし、ムダ毛が抑制されるとどうでしょうか。処理をするのも簡単になり余計な摩擦と刺激を避けることができるので、ワキが黒ずむのを防ぐことができるというわけです。

まとめ
イソフラボンの効果を得るためには、イソフラボンが配合されたローションやクリームでワキをケアします。日頃の保湿に使うものを、イソフラボン配合製品にすればOKです。

また、経口摂取も効果的で、サプリメントや食事で摂ることもできます。豆腐や味噌、納豆などの大豆製品を積極的に食べると良いでしょう。

ただし、その効果は即効性のあるものではないので気長にケアを続けるようにしましょう。イソフラボンを配合したケア用品や食品を生活に取り入れることによって、ワキの黒ずみの予防と解消が期待できます。

黒ずみの解消を長いスパンで実践できる人は、ぜひイソフラボンを取り入れてみてくださいね。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因
黒ずみケアランキング