脇とお尻の黒ずみケア専門サイト

脇の黒ずみ対策に化粧水を効果的に使おう

基礎化粧品を使った顔のスキンケアをしっかりしている方も多いですが、カラダ全体となると何から始めれば良いか分からないという方も多いのではないでしょうか。

サプリメントなどを利用するのは一般的ですが、例えばワキのケアとなると意外に知らない方も多いようです。

ここでは、ワキのスキンケアについてご紹介してみます。

体と顔のケアの方法が違う理由

肌のケアをする前に、まず大前提として、肌の構造は基本的にはどの部分でも同じということを覚えておきましょう。

普段から基礎化粧品を使用して顔のお肌ケアをしている方も多いと思いますが、この方法はどの部分の肌ケアにも応用することが可能です。

しかし、部分によって皮膚の厚さが異なりそれに伴って基礎化粧品も開発されているため、ケアをする肌の部分によっては使用する基礎化粧品は変える必要があることは注意しましょう。

代表的な例を出すと、手は皮膚が分厚いので強い薬を使用しても大丈夫ですが、それに対して顔の皮膚は薄く、敏感なために刺激の強い薬品は使用を避けるべきです。

つまり、ハンドクリームを顔に塗るのはいけませんが、顔用の基礎化粧品は手に塗っても問題ないということです。

ワキの黒ずみケアの方法

ワキの黒ずみに対するケアの方法は、基本的には皮膚の薄い顔のケア方法と変わりありません。

すなわち、保湿ケアと外部刺激からの保護です。

保湿ケアに関しては顔の時と同様、洗った後に化粧水や美容液を使用して、その後乳液を使って保湿をすると良いでしょう。

ただし気を付けなければならないのは、化粧水を使用した後すぐに保湿をする必要があるということです。

肌に残る水分は、3分経つとかなりの量が蒸発してしまいますので、化粧水を使用した直後に乳液を使用し、フタのように水分を閉じ込めるという保湿本来の目的が果たせません。

乾燥したままの状態で保湿のクリーム等を使用しても、効果があまり期待できませんので注意してください。

化粧水を有効に使おう

ワキの肌は意外に薄く、ムダ毛処理をすると深刻なダメージが残ってしまいがち。

そのためしっかり肌を保護する必要があるのですが、化粧水を使用せずに単に保湿クリームなどを塗ったとしても、期待した程の効果が得られない場合がありますので注意しましょう。

化粧水にはお肌に潤いを与えるという他にも、キメを整えたり、栄養を与えたりする効果がありますので、使用することでワキの黒ずみなどの肌トラブルから回復を早めることが可能となります。

保湿ケア以外にワキの黒ずみを治す方法
ワキの黒ずみを治す方法は、顔にできてしまったシミやそばかすを治すのと同じように保湿ケアをするのが基本となりますが、実はこれ以外にも治す方法はあります。

それは生活習慣を正すという方法です。肌は食生活によって摂取した栄養をもとに作られています。

栄養が不足してしまえば肌の回復も遅くなりますし、その逆に肌を作るために必要な栄養をしっかりと摂っていれば回復を早めることにもつながります。

食生活は非常に重要ですので、偏食をせずにバランスが取れた食事を心がけるようにしてください。

この他の方法としては、睡眠時間が挙げられます。肌を修復してくれる成長ホルモンは、そのほとんど全てが睡眠中に分泌されることになります。

睡眠時間が少なくなればこのホルモンの恩恵を充分に受けることができませんので注意してください。しっかりと眠って、しっかりと栄養を補給することで、肌の黒ずみは改善することが可能となります。

まとめ
肌の黒ずみを改善するためには、お肌ケアの方法と生活習慣を見直すことが必要です。

化粧水を使用するだけではなく、保湿ができる乳液や保湿クリーム等も一緒に使用するようにしましょう。

生活習慣においては、バランスのとれた食生活と睡眠時間にも気を付けるようにしてください。

どちらかをするだけでも一定の効果を得ることはできますが、可能な限り両方を行うことが望ましいでしょう。

どちらも行うことで、より短時間でお肌の修復を実現することが可能となります。

サイトガイド 合わせてチェック!
市販の黒ずみケアクリームの選び方
脇の黒ずみの主な原因
お尻の黒ずみの主な原因
黒ずみケアランキング